関東EPO( Environmental Partnership Office )情報


~関東 EPOは1都9県で環境問題に取り組む NGO/NPO・企業・自治体と連携し情報発信していきます。

関東 EPOからのお知らせ

Pickup!情報 「環境ボランティア・なび2015」発行のお知らせ

関東各地域の自治体・中間支援組織等からのお知らせ

2016-2-23 NEW 【静岡】美しい静岡景観づくり推進大会 3/18
2016-2-23 NEW 【新潟】市民活動のチカラ【第16回・企画力アップ】 「やりたい」をカタチに!サクサクできる企画づくり講座 3/9
2016-2-23 NEW 【埼玉県】第4回コムナーレフェスティバル「未来のあなたに会いに…」3/5-6
2016-2-23 NEW 【山梨】地球温暖化対策セミナー「回避できない環境異変 対応するべき適応計画」3/5
2016-2-23 NEW 【栃木県】企業とNPO等との協働対話フォーラム 3/5
2016-2-23 NEW 【東京】NPO法人設立・運営相談 予約受付中 ガイダンス-3/3・3/16
2016-01-25   【茨城県】NPO組織基盤強化セミナー、参加者募集中!3/1、3/4、3/9

パートナーシップ事例 114

不動産会社がつなげる都市生活者と里山 ~かやぶきの里プロジェクト~

茨城県の筑波山裾野に広がる棚田では、機械耕作に向かない一部を、NPO法人つくば環境フォーラムが中心となり、市民参加で「生きものと共存する米づくり」を行う取り組みが続いていた。この活動に不動産会社大手の野村不動産が筑波山麓グリーンツーリズム推進協議会を通して提携し、マンション住人やオフィスビルのテナント企業などに声掛けして、都市と農村とのサスティナブルな相互扶助関係づくりを目的とした“かやぶきの里プロジェクト”が始まり継続している。都市から定期的に多くの人が訪れることで、農村が活性化し、都市住民は自然と触れ合うニーズを満たすことができ、企業は顧客との関係構築や社会貢献活動を通して、企業価値を上げることができる。双方のニーズを上手くマッチングさせ、農村の環境保全の一助を担っている。
詳しくはこちら>>>
自分で植えたお米を刈り取る参加者。満足度も高いイベント。
実施主体:「かやぶきの里プロジェクト」(野村不動産)・筑波山麓グリーンツーリズム協議会・(株)里山建築研究所・NPO法人つくば環境フォーラム