【海外事例41<書籍>】ジャパンエコロジカルフットプリント2012


本レポートはWWFジャパンが2012年に発行したレポートである。

2008年の調査では日本人1人当たりのエコロジカルフットプリントは4.17ghaで日本は世界37位であり、世界平均2.7gaの1.55倍であった。日本は資源需要全体(国内と輸入を合計した生物生産力)の約36%を外国の生物生産力に頼っており、世界中が日本人と同じ暮らしをするなら2.3個分の地球が必要な計算となる。日本全体のエコロジカルフットプリントの約66%は家計消費が占め、その中でも食料のフットプリントが最も多い。

本書では東日本大震災による福島原発事故についても触れ、放射能汚染により総生物生産力が影響を受けたと報告している。

今後、エコロジカルフットプリントを削減し、持続可能な社会を築くためには、低フットプリント・ライフスタイルを実践する沖縄の地域モデルや、再生可能エネルギーの導入を進めるエネルギー政策などから学べるものがあるとしている。

クリックすると発行元サイトが開きます。

クリックすると発行元サイトが開きます。

書籍情報

書籍名; ジャパンエコロジカルフットプリント2012
(原題「JAPAN Ecologilal Footprint2012」)
発行元; WWF Japan
発行年; 2012年
著作者; Pati Poblete, David Moor, Yoshihiko Wada, Katsunori Iha, Naobi Okayasu
テーマ; エコロジカルフットプリント



※【海外事例<書籍>】は、書籍や調査レポートなどを通して、海外事例を紹介するコーナーです。