生物多様性2020特集サイト


生物多様性2020

2011年から2020年までの10年間は、国連の定めた「国連生物多様性の10年」。
2020年はその最終年にあたります。
CBD・COP10で合意された愛知目標の目標年である今年は
新たな世界目標を決めるCBD・COP15に向けての国際的な議論が進められる重要な年、
生物多様性スーパーイヤーと呼ばれています。

このサイトでは、生物多様性に関する国内外の取り組みやイベントや政策、
その他さまざまな情報を発信します。

生物多様性に関する最新情報
Pick up! COVID-19と生物多様性に関するトピック
なぜ、生物多様性が大事?
生物多様性の危機
CBD-COP15について

The year 2020 marks the final year of the United Nations Decade on Biodiversity.
This website is launched to commemorate International Day for Biological Diversity 2020 (22 May), and to increase understanding and awareness of biodiversity issues.
Please check here for details of this campaign.



生物多様性に関する最新情報  Latest Information on Biodiversity


2022年5月19日
生物多様性教育の先進的な取り組みに関する書籍・動画の公開
持続可能な開発のための教育(ESD)の地域拠点として国連大学が認定する世界170以上の拠点「持続可能な開発のための教育に関する地域の拠点(RCE)」のパートナーより、特に生物多様性の保全に取り組む優れた実践事例をまとめた書籍と動画を公開しました。
A new publication, entitled “Engaging Communities for Biodiversity Conservation: Education for Sustainable Development Projects from the Global RCE Network” and featuring 12 case studies from around the world was recently released, along with a video showcasing some of the RCE’s innovative biodiversity education projects. (English website)

2022年4月26日
【5/20開催】 国際生物多様性の日2022 シンポジウム– Building a shared future for all life –
UNU-IASは、環境省、GEOCともに、国際生物多様性の日2022を記念しオンラインシンポジウムを開催します。本イベントでは、国際テーマ「Building a shared future for all life 」に沿って、 COP15での採択を目指す「ポスト2020生物多様性枠組」に向けた国内外の動向を共有します。詳細・申し込みは、リンクよりご確認下さい。
On 20 May 2022, GEOC will co-organise an online symposium to celebrate International Day for Biological Diversity 2022, with the Ministry of the Environment of Japan and the United Nations University Institute for the Advanced Study of Sustainability (UNU-IAS). This event, focusing on the theme “Building a shared future together” and global and Japanese initiatives, will be held online in English and Japanese. Details and registration are available at the link below. (English web site)

2022年4月11日
国際生物多様性の日2022スローガンの発表「Building a Shared Future for all Life」(英語・PDF:253KB )
国連生物多様性条約 (CBD)事務局は、2022年の国際生物多様性の日のスローガン「Building a Shared Future for all Life」を発表しました。このスローガンは、世界が直面している気候変動、健康、食料といった持続可能な開発に関連した課題において、生物多様性を含む生態系を基盤とした解決策が鍵であるというメッセージを伝えるものです。
The Secretariat of the Convention on Biological Diversity (CBD) announced the slogan for the 2022 International Day for Biodiversity: "Building a Shared Future for all Life”. It conveys that biodiversity (from ecosystem-based approaches to nature-based solutions and sustainable livelihoods) is the answer to many sustainable development challenges.

2022年4月4日
生物多様性保全のための22のアクション(英語・PDF: 521 KB )
国連生物多様性条約 (CBD)事務局は、「生物多様性の日2022」に向けたキャンペーンの一環として、身近なところから行動するための22のアクションを発表しました。ハッシュタグ「#BiodiversityDay」を使って、SNS等でその行動を共有するよう呼びかけています。 詳細はリンクからご確認いただけます。
As Biodiversity Day 2022 is soon approaching, the Secretariat of the Convention on Biological Diversity (CBD) seeks to inspire people to protect and care for nature: they invite everyone to take on 22 actions and share them on social networks using #BiodiversityDay. To learn more about these actions and participate, click the link.

2022年3月20日
ワンオーシャンサミット:海洋に関するブレストコミットメント(英語・PDF: 72.4 KB )
気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は2月28日、第6次評価報告書(AR6)WG2報告書の政策決定者向け要約を公表しました。本要約には、気候変動の影響・適応・脆弱性に関する最新の科学的知見がまとめられています。
100カ国以上の代表及び国連事務総長・UNESCO/IMOの事務局長が参加し開催された「ワン・オーシャン・サミット」の成果として、海洋に関するブレストコミットメントが発表されました。生物多様性と海洋資源の保全、海運・漁業から派生する環境被害の削減、海洋プラスチックごみの削減などに関する具体的なコミットメントが表明されています。
Representatives of more than 100 countries (including Japan), civil society, and businesses, were present during the One Ocean Summit, to establish the Brest Commitments for the Oceans. These aim at preserving marine biodiversity and ocean resources (by creating protected areas and stopping Illegal, unreported and unregulated fishing), fighting plastic pollution, and strengthening ocean research and governance.

2022年3月20日
ecojin【SDGsライフのヒント】生物多様性(Only Japanese page)
環境省のwebマガジン「ecojin」では、聞いたことはあるけれど、何となく遠い存在の「SDGs」について、日々の生活の中でも実践できるSDGsな暮らし方について、女優の中島早貴さんと考える「SDGsライフのヒント」で、生物多様性について解説。 環境省自然環境局自然環境計画課生物多様性主流化室の角野匠さんが、「多様な生物を守るための農業」や「<食>からみる生物多様性とSDGsの関係」などについて、分かりやすく解説している。

2022年3月10日
IPCC報告書 政策決定者向け要約の公開 (英語)
気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は2月28日、第6次評価報告書(AR6)WG2報告書の政策決定者向け要約を公表しました。本要約には、気候変動の影響・適応・脆弱性に関する最新の科学的知見がまとめられています。
記者発表動画(英語)
The Intergovernmental Panel on Climate Change (IPCC) recently released the Summary report addressed to Policymakers for the IPCC Working Group II report, entitled “Climate Change 2022: Impacts, Adaptation and Vulnerability”. This report assesses the impacts of climate change, looking at ecosystems, biodiversity, and human communities at global and regional levels. With fact upon fact, and focusing on impacts, adaptation and vulnerability, it reveals how people, and the planet, are getting “clobbered” by climate change.
Press conference

2022年2月28日
【3/10開催】 「世界農業遺産システム(GIAHS)のモニタリングと評価 : 国とGIAHSサイトの経験」オンラインウェビナー(英語)
国連大学サステイナビリティ高等研究所いしかわ・かなざわ・オペレーティング・ユニット(UNU-IAS OUIK) は、GIAHSのM&Eプロセス(モニタリングと評価プロセス)の実施、内容、メリットや課題などについて GIAHSサイトの経験を共有するウェビナーを開催します。詳細は、リンクよりご確認下さい。
UNU-IAS Operating Unit in Kanazawa (OUIK) will organise an online webinar on 10 March 2022. Experts will share their experience and views around the theme “Monitoring and Evaluation of Globally Important Agricultural Heritage Systems (GIAHS): Country and GIAHS Site Experiences.” Registrations are available at this link (the event will be held in English).

2022年2月22日
【2/25開催】 「OECMs を機能させる –効果的な地域ベースの保全のための生産ランドスケープ–」オンラインセミナー(英語)
UNU-IASは、コンサベーション・インターナショナル(CI)と共にランドスケープ・アプローチが、地域ベースの生物多様性の保全にどのように貢献できるか、についてオンラインセミナーを開催します。本セミナーでは、「地域をベースとするその他の効果的な手段(OECMs)」で管理される地域の指定と管理に焦点を当てます。詳細は、リンク よりご確認下さい。
On 25 February 2022, UNU-IAS will hold an online seminar entitled “Making OECMs Work: Production Landscapes for Effective Area-Based Conservation” of biodiversity, together with Conservation International (CI). Experts will especially focus on designation and management of other effective area-based conservation measures (OECMs). The seminar will be hold in English only. To register, please follow the link .

2022年2月16日
開催報告:「国連世界湿地の日2022シンポジウム」
日本国際湿地保全連合(WIJ)、UNU-IAS、GEOCが主催した国連世界湿地の日2022のシンポジウムの報告が公開されました。本シンポジウムでは、多様な人々を巻き込んだ保全へのアクションについて、国内や海外の事例が紹介されました。ラムサール条約事務局のマルタ・ロハス・ウレーゴ事務局長からのビデオメッセージもご覧いただけます。
On the occasion of World Wetlands Day, Wetlands International Japan, UNU-IAS and GEOC co-organised a symposium and released event reports. In addition, the Ramsar Convention also released a video message from Martha Rojas Urrego.
UNU-IASの開催報告(英文)(event report in English):
ビデオメッセージ (video message):


2022年2月7日
【2/9開催】国連生態系回復の10年 -里海再生国際シンポジウム
国連大学サステイナビリティ高等研究所は、笹川平和財団海洋政策研究所、環境省とともに、「国連生態系回復の10年 -里海再生国際シンポジウム」を開催します。本シンポジウムはオンラインで行います。詳細・申し込みは、リンクよりご確認下さい。
The Sasakawa Peace Foundation Ocean Policy Research Institute, the United Nations University Institute for the Advanced Study of Sustainability and the Ministry of the Environment of Japan, will jointly organise an online International Symposium on the United Nations Decade on Ecosystem Restoration and the Satoumi restoration. For further details, please check the above link (only available in Japanese).


2022年1月31日
「ジェンダーに配慮した生物多様性条約の実施に関する出版物」(英文)
生物多様性の損失は女性に大きな影響をもたらします。UN Women(国連女性機関)が出版した本レポートでは、生物多様性保全と自然資源管理についてジェンダー平等の観点から解説しています。詳細はリンクからご確認いただけます。
Biodiversity degradation and loss has a particularly strong impact on women. UN Women published a research paper entitled “Towards a gender-responsive implementation of the Convention on Biological Diversity” which provides solutions and norms to integrate gender inequalities issues in biodiversity conservation and natural resource management.


2022年1月24日
【動画】能登半島の伝統的な知識と技術を紹介するシリーズ
国連大学サステナビリティ高等研究所のいしかわ・かなざわオペレーティング・ユニット(OUIK)は、「能登の里山里海」として世界農業遺産(GIAHS)に認定されている能登半島にて、代々受け継がれてきた「食の知識・技術を伝える」映像を制作し、公開しました。詳細はリンクよりご覧いただけます。
UNU-IAS Operating Unit Ishikawa/Kanazawa (OUIK) produced a new series of documentary videos exploring the traditional knowledge of Noto Peninsula (Ishikawa Prefecture, Japan), which has been designated as a Globally Important Agricultural Heritage System (GIAHS). The videos focus on food culture and introduce the wealth of knowledge and skills that residents have developed over generations to sustain their livelihoods in harmony with nature.


2022年1月21日
【2/2開催】2022年世界湿地の日 記念シンポジウム Online Symposium on World Wetlands Day 2022
UNU-IASは、日本国際湿地保全連合、地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)とともに、2月2日に「2022年世界湿地の日記念シンポジウム」を開催します。今年は「人と自然のために、湿地を守る行動を始めよう」をテーマに、人々が湿地の保全やワイズユースについて行動を起こすためのきっかけや重要な要素等について話し合い、どう実践していくかを一緒に考えます。申し込みは、リンクよりご確認下さい。
UNU-IAS, Wetlands International Japan and the Global Environment Outreach Centre (GEOC) will co-organise an online symposium to celebrate World Wetlands Day (WWD) 2022 this coming 2 February. World Wetlands Day aims to raise global awareness about the vital role of wetlands for people and our planet. The theme of the WWD 2022 is “Wetlands Action for People & Nature”. This event will be held in English and Japanese, with simultaneous interpretation provided. You may register at the above link.


2022年1月11日
「みんなのための未来:人間と野生生物の共生の必要性」(英語・PDF:15.5MB)
世界自然保護基金(WWF)と国連環境計画(UNEP)が共同で作成した本レポートでは、人間と野生生物の衝突は、開発や人道的問題と同等の脅威の一つであることを解説しています。また、このような課題は、持続可能な開発の目標 (SDGs)と深い関係があるにもかかわらず、その重要性がポリシーメーカーから見逃されていると指摘しています。レポートは上記リンクよりご確認いただけます。
WWF and UNEP jointly released a report titled “A future for all – the need for human-wildlife coexistence”. The report highlights that human-wildlife conflict is one of the greatest threats to wildlife species and that it is as much a development and humanitarian issue as a conservation concern. We also understand that, despite being so strongly linked to the SDGs, human – wildlife conflict continues to be overlooked by policymakers.


2022年1月6日
【イベント告知】1/18-20第8回サステナビリティ学国際会議(The 8th International Conference on Sustainability Science ICSS2022 ) (英文)
1月18日(火) 〜 20日(木)まで「The 8th International Conference on Sustainability Science、ICSS 2022 」(第8回サステナビリティ学国際会議)がオンラインで開催されます。本イベントは、「生物多様性を軸とした都市や地方におけるサステイナビリティに関する課題の解決策」をテーマに専門家による議論を行います。詳細はリンクからご確認いただけます。
The 8th International Conference on Sustainability Science (ICSS 2022) will be held online, in English, on 18 – 20 January 2022. The conference will focus on “Biodiversity as a source of solutions to sustainability challenges in urban, peri-urban and rural areas”. For participation, please register at the above link.


2022年1月5日
「先住民族と地域コミュニティ向けのトレーニングマニュアル」の公開 (英語・PDF:7.3MB)
生物多様性条約(CBD)事務局は「生物多様性条約に関する先住民族と地域コミュニティ(IPLCs)向けトレーニングマニュアル」を公開しました。このトレーニングマニュアルは、生物多様性条約の基本情報や、先住民族と地域コミュニティがプロセスに参加することの重要性への理解を高めるための研修方法についてまとめています。本マニュアルは、国際NGOのForest Peoples Programme(森林の人々のプログラム)との連携のもと、生物多様性日本基金の支援を受けて作成されたものです。
The “Training Manual for Indigenous Peoples and Local Communities on the Convention on Biological Diversity” as recently been released, in collaboration with the Forest Peoples Programme and the Japan Biodiversity Fund. Recognising that indigenous peoples and local communities are custodians of biodiversity and proponents of cultural diversity, this training manual aims at facilitating their participation in meetings held under the Convention on Biodiversity, as well as its implementation, by first explaining its global and local processes, as well as providing tools and guidance for trainers.


2021年12月27日
「世界湿地概況2021(特別版)」の公表(英語)
世界の湿地の現状と価値に対する理解を深めるため、ラムサール条約事務局は「世界湿地概況2021(特別版)」(Global Wetland Outlook – Special Edition 2021)を公表しました。また、日本国際湿地保全連合(WIJ)が「世界湿地概況2021(特別版)」の主なメッセージを日本語でまとめ、以下のウェブサイトにて発表しています。
https://japan.wetlands.org/ja/ブログ/gwo2021
The Ramsar Convention on Wetlands released a special edition of the Global Wetlands Outlook, updating the former 2018 version. It presents new findings on the status and value of wetlands globally, particularly in the context of the global pandemic, climate and biodiversity crises.


2021年12月22日
生物多様性条約の実施をサポートするための生態系評価ガイドの公開(英語)
国連生物多様性条約(CBD)事務局は、生物多様性条約の実施をサポートするための生態系評価ガイドを公開しました。本ガイドは、生物多様性計画の策定、レポーティング、技術的・科学的な協力、コミュニケーション、教育と普及啓発、リソースの確保といったCBDの実施に関する様々な課題解決をサポートすることを目的とするガイドです。詳細はリンクからご確認いただけます。
A new Guidance Report on “National Ecosystem Assessments to support the implementation of the CBD” was recently released. This report addresses how to overcome challenges in implementing the CBD with regards to biodiversity planning, national reporting, technical and scientific cooperation, capacity-building, communication, education and public awareness, and resource mobilisation. It was created by the Environment Programme World Conservation Monitoring Center (UNEP-WCMC)’s National Ecosystem Assessment Initiative (NEA initiative) in collaboration with the CBD’s Secretariat and with support from the Japanese Biodiversity Fund.


2021年12月7日
「ビジョン2050:大変革の時」日本語版 
持続可能な開発のための世界経済人会議(WBCSD)は、「ビジョン2050: 大変革の時」の日本語版を発表しました。本報告書は、人類がプラネタリーバウンダリーの範囲内で真に豊かに暮らせる世界を実現するために、企業がどのように社会をリードできるかについて、具体的なフレームワークを示しています。上記リンクよりドキュメントのダウンロードが可能です。
The World Business Council for Sustainable Development (WBCSD) recently released the Japanese translation of Vision 2050: Time to Transform. It provides a clear framework for the global business community to turn this vision into reality: making sure we live well and within the planetary boundaries (ie. natural systems are protected, restored, and used sustainably).


2021年11月30日
ビジネスフォーネイチャー: CEOらがポスト2020生物多様性枠組に関して政府への生物多様性アクションを求める声明を発表(英語)
世界自然保護基金(WWF)、世界経済フォーラム(WEF)、自然資本コアリション(NCC)などの13機関が立ち上げたビジネスフォーネイチャーは、国連生物多様性条約第15回締約国会議(COP15)に向けて、政府宛に公開書簡を発表し、2030年までに生物多様性の損失を反転させ、野心的で実現可能な生物多様性目標を採択するよう求めました。詳細はリンクからご確認いただけます。
Business for Nature, a coalition of international organisations including the World Wildlife Fund (WWF), the World Economic Forum (WEF) or Conservation International, supports the call for action of more than 1,000 CEOs from leading businesses who sent an open letter to governments: to aim at reversing biodiversity loss by 2030, they are urging them to include actionable and ambitious targets in the post-2020 global biodiversity framework.


2021年11月22日
【イベント告知】世界農業遺産国際会議2021の開催
能登半島の里山里海が国際連合食糧農業機関 (FAO)により世界農業遺産の認定を受けてから10年となることを記念して実施するイベントの詳細が公開されました。リンクよりプログラムや申し込みの詳細に関する情報をご覧いただけます。
To celebrate the 10-year anniversary of Noto’s Satoyama and Satoumi’s recognition as the Globally Important Agricultural Heritage Systems (GIAHS), a conference will be held in Ishikawa (Japan) on 25 – 26 - 27 November 2021. Furthermore, UNU-IAS's Operating Unit Ishikawa/Kanazawa (OUIK) will also organise a Youth Summit as a side event during the conference.


2021年11月15日
ポリシーブリーフ:より良い復興に向けたランドスケープ・シースケープにおけるレジリエンス「Resilience in Landscapes & Seascapes: Building Back Better from COVID-19」
国連大学サステイナビリティ高等研究所(UNU-IAS)が新たに発行したこのポリシーブリーフでは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のような危機からの復興を促進させるランドスケープ・シースケープのレジリエンス(回復力)強化のための提言をまとめています。特に、より良い復興に向け、グリーン・リカバリーを通じてレジリエンスを強化するための機会とアプローチに焦点を当てています。
United Nations University – Institute for the Advanced Study of Sustainability published a new Policy Brief providing recommendations for strengthening resilience in landscapes and seascapes to facilitate transformative recovery from crises such as COVID-19. The brief highlights opportunities and approaches for reinforcing resilience to build back better through green recovery.


2021年11月9日
【動画】COP26 サイドイベント:ポスト2020生物多様性枠組を通じてステークホルダーのシナジーを高める 「Strengthening Synergies through the Post-2020 Global Biodiversity Framework」(英文)
国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)にて、国連生物多様性条約(CBD)事務局はCOP26における「自然の日」にサイドイベントを開催しました。このイベントでは、多彩なパネリストが登壇し、ステークホルダーとの連携、気候変動の緩和、自然との関係のバランスに加え、グローバルな行動と政策の実現について議論を行いました。本セッションのテーマは、来年開催されるCBDーCOP15のポスト2020生物多様性枠組が掲げる目標とも整合するものです。上記リンクより、このイベントを是非ご視聴ください。
We invite you to view a recording of the Side Event organised by the Convention on Biological Diversity (CBD) during COP26. The event, which was held on 06 November 2021 (Nature Day), gathered a wide range of panelists to discuss how to best implement global actions, policies and programmes in order to enhance our connection with nature, protect planet Earth, and mitigate climate change. This is also in line with the CBD’s ambitions for the post-2020 global biodiversity framework next year which especially addresses the implementation of global-approach strategies.


2021年11月4日
「世界都市デー」(World Cities Day) におけるCBDの事務局長からの声明:気候レジリエンス(強靭性)のための都市の適応 (Adapting Cities for Climate Resilience)
「世界都市デー」(World Cities Day)を記念して、 エリザベス・マルマ・ムレマ生物多様性条約(CBD)事務局長は、生物多様性の保全とSDGsの達成に向けて、都市の計画・管理を気候変動に対するレジリエンスを高めることの重要性に関する声明を発表しました。 声明では、世界人口の半分以上が都市に住み、またその人口が増加しつつある中で、都市がもたらす影響が増しているとし、2022年の国連生物多様性会議に向けて、CBDがアクションプランの見直しを行ったとことが報告されています。詳細はリンクよりご覧いただけます。
For World Cities Day, Elizabeth Maruma Mrema, Executive Secretary of the Convention on Biological Diversity, recently released a statement stressing the critical importance of adapting city’s governance and infrastructures to climate resilience, in order to preserve biodiversity and implement the sustainable agenda and SDGs. The impact is even greater as a large and rapidly increasing majority of the world population lives in urban areas. The CBD revised its Plan of Action which stands to be adopted at the 2022 UN Biodiversity Conference, as part of the Edinburgh Process.

2021年10月15日
GIAHSユースサミット世界農業遺産を未来と世界へ ―佐渡と能登からつながろうー
UNU-IASいしかわ・かなざわオペレーティング・ユニット(OUIK)は、「GIAHSユースサミット世界農業遺産を未来と世界へー佐渡と能登からつながろうー」と題して、次世代が「世界農業遺産」(GIAHS)の価値を考え、住み続けたくなるような地域の未来を話し考えるユースサミットシリーズを合計3回(2021年10月16日 14:00-15:30、2021年10月30日 13:00-15:30、2021年11月26日 9:30-15:00)に渡って開催します。GIAHS認定地のユースたちが取り組んでいる活動について学んだり、他の認定地域のユースたちと交流したいユースの方ならどなたでもご参加いただけます。詳細はOUIKウェブサイトをご確認下さい。

2021年10月7日
昆明宣言「Towards an Ecological Civilization: Building a Shared Future for All Life on Earth」修正版ゼロドラフトの公開
国連生物多様性条約事務局(CBD)は 、10/11-10/15まで開催される第一期の第15回生物多様性条約締約国会議(COP15)において採択される予定の昆明宣言の修正版ゼロドラフトを公開しました。ドラフトでは、ポスト2020生物多様性枠組の採択と効果的な実施のほか、コロナ禍からの復興が生物多様性の保全と持続可能な利用に貢献する形で進められることを確実にすること、また国連気候変動枠組条約やSDGsといった国際目標とのシナジーを高めることに関してのコミットメントが表明されています。

2021年9月30日
■ポリシーブリーフ:生物多様性のガバナンスに変革をもたらすランドスケープ・アプローチの推進を提唱
PBLオランダ環境評価機関、ヴァーヘニンゲン開発イノベーションセンター、国連大学サステイナビリティ高等研究所(UNU-IAS)がまとめたこの新しいポリシーブは、ランドスケープ・ガバナンスに関する取り決めやイニシアチブが、いかに人と自然にとってより良い結果をもたらすための重要な布石となるか、について論じています。

2021年9月24日
GEOC森里川海トークセッション 第3回 「サステナブル・コーヒーを考える ペルーのコーヒー農家さんにリアルを伺います!」
「サステナブル・コーヒーとは、生産者と消費者という関係性を生産者と共同生産者に置きかえていくこと」という考えに至った東洋英和女学院大学の皆さん。 生産者・消費者が求めていることは?農家さんの生活の実際は?持続可能な産業とは? 南米ペルーで無農薬無化学肥料の日陰栽培でコーヒー農園を営み、250の農家の組合長もされている高橋さんをお呼びしてサステナブルなコーヒーのリアルを一緒に考えます!

2021年9月24日
世界自然保護会議:マルセイユ・マニフェストの公開(IUCN World Conservation Congress:Marseille Manifesto)(英文・PDF:2.0MB)
2021年9月3日〜11日までマルセイユで開催された世界自然保護会議の成果をまとめた「マルセイユ・マニフェスト」が公開されました。ユースの役割、多様なステークホルダーとの連携、地域のアクションの重要性が強調されているほか、新型コロナウイルスからの復興に向けて、人と自然の良い関係を取り戻すための方策などがまとめられています。

2021年9月14日
10/11-10/25 上智大学国連Weeks Sophia University United Nations Weeks October 2021
「国連の活動を通じて世界と私たちの未来を考える」をコンセプトとする上智大学国連Weeksが今年もオンラインで開催されます。新型コロナウィルス感染症とグローバル・ヘルス、SDGs、ビジネスと人権、エネルギーなど、幅広いテーマの専門家が登壇予定です。国連副事務総長をはじめ世界の第一線で活躍する多彩なゲストと共に世界の問題を考えてみませんか?

2021年9月6日
【イベント告知】11/25-11/27 世界農業遺産国際会議2021の開催 GIAHS International Conference 2021
UNU-IASは、国連食糧農業機関(FAO)、農林水産省、石川県、能登地域GIAHS推進協議会とともに、世界農業遺産国際会議2021を開催します。能登半島の里山里海が世界農業遺産に認定されてから10年となる節目に開催されるこの国際会議では、世界農業遺産認定が地域にもたらしたもの、その意義を振り返り、そして未来へとつないでいくための課題やロードマップを議論します。また国内外の識者、関係者とともに世界各地の世界農業遺産の事例や連携も議論します。期間中にはサイドイベントとしてOUIKがユースサミットを企画しています。申し込み等の詳細は決定次第ウェブサイトにてお知らせいたします。

2021年8月31日
動画:生物多様性COP15事前イベント(英語)-Biodiversity PreCOP-
コロンビア共和国政府が生物多様性条約第15回締約国会議(COP15)に先駆けて主催したCOP15事前ハイレベルイベントの動画が生物多様性条約事務局のウェブサイトにて公開されました。イベントでは、各国首脳、国際機関代表からのメッセージの他、「持続可能な消費と生産とグリーンリカバリー」、「資源動員」、「非国家主体の連携と役割」といったテーマについて専門家が議論を行いました。

プログラム:https://www.cbd.int/sites/default/files/2021-08/biodiversity-precop-updated-agenda.pdf

コンセプトノート:https://www.cbd.int/sites/default/files/2021-08/biodiversity-precop-concept-note-2.pdf

2021年8月25日
【9/10(金)開催】GEOC森里川海トークセッション 第2回 「都会で見つける自然 樹木医さんと渋谷の樹木を楽しもう!」
都会では自然とのつながりを感じにくいかもしれませんが、実は周りの樹木に目を向けると、その1つ1つの木の多様性やユニークな生き方に気づくことができます。 「注目さえされない地味な樹木が、柔軟で奇想天外な生き方をしていることを知ったら、身近な風景がガラリと変わる」 「いつでもどこでも、横断歩道を待っているときでも樹木を眺めて楽しむことができる」 わたしたちが知らない「自然の楽しみ方」を、都内各地に知り合いの樹木がいるという岩谷さんに教えていただきます!

2021年8月24日
世界自然保護会議の開催
国際自然保護連合(IUCN)が4年に一度開催している世界自然保護会議が2021年9月3日〜11日まで開催されます。本会議は新型コロナウィルス感染症拡大の影響で一年延期されて開催されるもので、対面・オンラインを組み合わせたハイブリッド形式で開催されます。多くのセッションはオンラインでも参加可能です(要登録)。各セッションの詳細はプログラム一覧のページより閲覧可能です。

プログラム:https://www.iucncongress2020.org/programme/official-programme

2021年8月19日
【9/9(木)開催】GEOC森里川海トークセッション 第1回 『「ビオホテル」 ~欧州と日本の状況~』
100%オーガニックの食と、CO2を尺度とした資源マネジメントに取り組む厳しい基準をクリアした「ビオホテル」は、持続可能な衣・食・住の理想型を体験できるホテルとして今、欧州で広がり、人気を集めています。 本セミナーではビオホテルの最新動向と、欧州で広がっている理由や実際に宿泊して感じた魅力などを、『欧州のビオホテル~エコツーリズムから地域創造へ』を発刊された滝川薫さんから伺い、また日本でのサステナブルツーリズムの動向、ホテルやライフスタイルでのサステナブルな取り組み事例などについて、観光庁のアドバイザーもされている山口真奈美さんから伺います。

2021年8月19日
国連生物多様性条約第15回締約国会議(COP15)二段階方式での実施
国連生物多様性条約事務局は、国連生物多様性条約第15回締約国会議(COP15)を二段階で行い、オンラインで2021年10月11日〜15日に、対面で2022年4月25日〜5月8日に実施すると発表しました。生物多様性の新たな国際目標となるポスト2020生物多様性枠組の議論と採択は2022 年の対面での会議で予定するとしています。

2021年8月4日
イベント報告:健康な地球、健康な人々:グリーン/ブルーリカバリーにおける里山イニシアチブの役割
UNU-IASが国連持続可能な開発目標に関するハイレベル政治フォーラム2021(HLPF)のサイドイベントとして共催した本オンラインイベントでは、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)のパンデミックからの「より良い復興(build back better)」を目指す上でのSATOYAMAイニシアティブの役割やグリーンリカバリーとブルーリカバリーの必要性について議論が行われました。詳細な報告はリンクよりご覧いただけます。

2021年7月27日
ポスト2020生物多様性枠組1次ドラフトの解説動画が公開(英語)The videos of information briefings by the Co-Chairs of the Open-ended Working Group on the First Draft of the Post-2020 Global Biodiversity Framework
ポスト2020生物多様性枠組1次ドラフトの内容を解説するブリーフィングセッションの録画が生物多様性条約事務局より公開されました。各ターゲットの解説や今後の検討の流れについて、 2020 生物多様性枠組に関する公開作業部会の共同議長より詳しく解説されています。

2021年7月21日
ポスト2020生物多様性枠組1次ドラフトの仮訳付き英文の公開
先日、生物多様性条約事務局が公開したポスト2020生物多様性枠組1次ドラフトについて、環境省から仮訳付き英文が公開されました。ぜひご覧ください。なお、本仮訳は参考のために作成されたものであり、今後修正される可能性があります。

2021年7月13日
ポスト2020生物多様性枠組のファースト・ドラフトの公開 First Draft of the Post-2020 Global Biodiversity Framework
生物多様性条約事務局は、新たな生物多様性の目標となるポスト2020生物多様性枠組のファースト・ドラフトを公開しました。ドラフトには、2050年までに自然と共生する世界を実現するための21のターゲットと10のマイルストーンが含まれています。

2021年7月12日
社会生態学的生産ランドスケープ・シースケープ(SEPLS)における社会変革 

Transformative Change for Sustainability: Nurturing Seeds of Change in Socio-Ecological Production Landscapes & Seascapes

PSI事務局を務めるUNU-IASが発行した本ポリシーブリーフ(政策提言)は、持続的な生産活動や資源管理を通じて自然共生社会に寄与する地域として位置づけられている、社会生態学的生産ランドスケープ・シースケープ(SEPLS)において、社会変革を促進させるための提言をまとめています。また、順応的共同管理を通じて培われたローカルなイノベーションを基盤として、社会生態的レジリエンスを構築し、持続可能な開発目標(SDGs)や生物多様性2050年ビジョンなどの世界目標の達成に向けて前進するためには、どのような方法が効果的であるかも示されています。さらに、本ブリーフは、政策立案者をはじめとするステークホルダーに対し、ランドスケープ・シースケープで育成されている「変革のタネ」を活かして、社会変革を促進させるための3つの指針となる原則を提言しています。詳細は、IPSIウェブサイトをご確認下さい。

2021年7月6日
動画公開(後半)国際生物多様性の日2021シンポジウム -私たち自身が解決の鍵-
UNU-IAS、環境省、GEOCが国際生物多様性の日を記念して共催したオンラインシンポジウムの動画後半が公開となりました。パネリストに、UNU-IAS研究者、国連食糧農業機関(FAO)、EnVision環境保全事務所(RCE北海道道央圏)、環境省の担当者を交え、それぞれの立場から生物多様性に関する取り組みを紹介しています。是非ご覧ください。

2021年7月1日
国連ハイレベル政治フォーラム2021(HLPF)におけるUNU-IASサイドイベントについて
22021年7月6〜15日まで開催される国連持続可能な開発目標に関するハイレベル政治フォーラム2021(HLPF)において、UNU-IASは、持続可能な開発のための教育・生物多様性・脱炭素化の議論を進めることを目的として以下の3つのサイド・イベントに参加します。プログラムや申し込みの詳細はウェブサイトをご確認下さい。



Pick up! COVID-19と生物多様性に関するトピック

 

● 2020年8月11日
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)と自然保護についてのQ&A(英語)Questions and answers: COVID-19 and nature conservation (IUCN)
国際自然保護連合(IUCN)が開設しているこのQ&Aページでは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)と自然保護に関してよくある質問(「COVID-19は野生動物からヒトに感染したのか?」、「COVID-19が環境政策に与える影響は?」、「COVID 19のヒト以外の霊長類への潜在的な影響は?」など)に対して、IUCNの専門家の回答がまとめられています。

● 2020年8月11日 
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)と自然保護区(WWFジャパン)
新型コロナウイルス感染症の収束が見えない中、各地の保護区では今何が起きているのか、保護区の現状について解説しています。

●  2020年8月4日 
国連大学ウェブマガジンOur World 最新記事「新型コロナウイルス後、自然との関係をどう改善していくか」(日本語)How to Improve Our Relationship with Nature After Coronavirus(英語)
国連大学環境・人間の安全保障研究所(UNU-EHS)のジータ・セベスバリ氏が、人間の行動と 生物多様性の喪失、新型コロナウイルス のパンデミックと動物由来感染症(ズーノーシス)の関係について寄稿した記事が公開されました。

● 2020年7月13日 
次のパンデミックを防ぐ-人獣共通感染症と感染の連鎖を断ち切る方法(英語)Preventing the next pandemic - Zoonotic diseases and how to break the chain of tansmission
将来のパンデミック発生回避の観点から国連環境計画(UNEP)等が作成したこの報告書では、人と動物の共通感染症の増加傾向は自然環境の劣化(土地の劣化、野生生物の利用、資源採取、気候変動等のストレス)によるものであることや、将来のパンデミック発生の予防・対応にはワン・ヘルス・アプローチが最適な手段であるとし、10項目の政策提言がまとめられています。



#生物多様性2020 /#Biodiversity2020 でSNSに投稿しよう!

生物多様性に関する取り組みやアイデアなど、シェアしたい情報があったら
その写真やコメントを「 #生物多様性2020/#Biodiversity2020」 とタグをつけて投稿しよう!
例)
  • イベントを開催した・参加した!
  • オススメしたい動画や本がある!
  • 生態調査をしてみた!

Join #Biodiversity2020/#生物多様性2020 campaign.

Please post biodiversity actions to help increase understanding and awareness of biodiversity issues by using the hashtag #Biodiversity2020/#生物多様性2020 on social media.

こちらのTwitterやfacebookでも情報発信しています。
 


なぜ、生物多様性が大事?

私たちの暮らしは、様々な自然の恵みに支えられています。 地球に生命の多様さがあるおかげで、人は環境の異なる世界各地で、その土地と生物に合わせて食べ物や衣類、住居、薬などを得ながら、暮らしていくことができるのです。

生物多様性2020
 出典:国際自然保護連合日本委員会(IUCN-J)
ブックレット「地球に生 きる命の条約
 制作:国際自然保護連合日本委員会
 デザイン:アンティグアグッドフェローズ

生物多様性の危機

しかし、私たちは生命の多様さ・つながりを壊し、恵みがもたらす生物多様性そのものを失ってきました。
動植物が絶滅に向かう速度は、人類がいなかった時代の100~1000倍とも言われています。
生物多様性が損なわれると、自然環境のバランスも崩れ、私たちの暮らしを維持することも難しくなります。

生物多様性2020
出典;国際自然保護連合日本委員会(IUCN-J)ブックレット「地球に生きる命の条約」
制作:国際自然保護連合日本委員会
    デザイン:アンティグアグッドフェローズ

CBD-COP15について

このような生物多様性危機の克服のために、2010年に愛知県・名古屋市で開催されたCBD-COP10(生物多様性条約第10回締約国会合)では、2020年までの目標をまとめた「愛知目標」が定められました。
その目標の改定・強化を決める「Post 2020」の場として、オンラインで2021年10月11日〜15日に、対面で2022年4月25日〜5月8日に中国・昆明市にてCBD-COP15(生物多様性条約第15回締約国会議)が開かれる予定です。生物多様性の新たな国際目標となるポスト2020生物多様性枠組の議論と採択は、2022 年の対面での会議で行われる予定です。


  

生物多様性についてもっと知りたい方はこちら!


本キャンペーンは、国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)が呼びかける未来へつなぐ「国連生物多様性の10年」せいかリレーに登録しています。