【開催報告】GEOC森里川海シリーズ企画①里とともにある日本の農とゆたかな食


開催概要

日 時 2020年2月5日(水)10:30~12:30
会 場 地球環境パートナーシッププラザ
主 催 環境省、地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)
協 力 東アジア農業遺産学会(ERAHS)、NPO法人日本ホリスティックビューティ協会

GEOC森里川海シリーズ企画「里とともにある日本の農とゆたかな食」タイトルのもと、一人ひとりの暮らしを見つめなおし、森里川海の恵みを豊かにするライフスタイルを見つけるGEOC森里川海シリーズ第一弾を開催しました。


開催内容

●session 1 アジア農業遺産学会(ERAHS)日本事務局アドバイザー永田明氏

「里と共生する日本の農」投影資料は こちら≫

 

●session2 NPO法人日本ホリスティックビューティ協会 代表理事 岸紅子氏

「Discover Myself~発酵するカラダ」投影資料はこちら≫
使用した資料はこちら≫から無料ダウンロードが可能です。

 

●cross session 永田明氏×岸紅子氏 会場との意見交換

ダイジェスト動画はこちら>>からご覧いただけます。

お二人の講演の後、参加者からは「農業を多面的に捉えるというお話を伺い、消費者である我々が日本の農業の未来を応援し、支えていけるように具体的な方策を考えていきたい」というお話や、「自分の体・心と環境のつながりをリアルに感じることができ、全てつながっていることを実感しながら生活したいという気づきを得た」などのコメントを伺うことができました。
会の最中には岸さんが監修に携わられた「オーガニックひよこ豆みそスープペースト」の試食が振る舞われ、お二人からのメッセージを口からも実感できる和やかな会となりました。