「ぼくのごはん~白鳥と人、命をつなげる水ものがたり~ 」第1回連絡会を開催しました


環境省では、環境教育等促進法に基づく協働取組を推進していくため「平成25年度 地域活性化を担う環境保全活動の協働取組推進事業」を実施しています。地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)及び環境パートナーシップオフィス(EPO)を支援事務局として、全国・各地域から申請、採択されたモデル事業の実証を行っています。
このうち関東環境パートナーシップオフィス(関東EPO)では2件の取組を支援しており、その一つとなる 「ぼくのごはん~白鳥と人、命をつなげる水ものがたり~ 」事業の第1回連絡会を開催しました。本取組は、新潟県阿賀野市、新潟市などにまたがる、阿賀野川流域の新潟平野を一つのバイオリージョンと捉え、自然の維持・再生を図りつつ、地域のネットワークを作ることを目指しています。
【写真】瓢湖(ひょうこ):オオハクチョウやコハクチョウの飛来地として知られる。ラムサール条約の登録湿地であり、日本の重要湿地500にも選ばれている。

開催概要

○日  時:平成25年9月3日(火)

・第一部(阿賀野市打合せ):阿賀野市役所 多目的会議室

・第二部(視察):事業地域周辺

・第三部(第1回連絡会/第2回連携協議会):五頭自然学校

 

第一部<阿賀野市打合せ>

実施事務局である五頭自然学校の所在地である新潟県阿賀野市にて、実施主体、阿賀野市役所、環境省、支援事務局が集まり、事業の意義や内容を説明しました。協働取組に向けて意見交換を行いました。

会場:阿賀野市役所 会議室

■参加部局等

  • 一般社団法人 五頭自然学校
  • 阿賀野市 総務部 市民協働推進課外関係6課
  • 環境省 関東地方環境事務所
  • 関東環境パートナーシップオフィス(関東EPO)

第二部<事業地周辺視察>

五頭自然学校のフィールドを中心に、地域の視察を行いました。

■視察エリア

  • 瓢湖
  • 笹神周辺水田
  • いこいの森周辺
  • 秋取の清水
  • 出湯温泉~やまびこ通り
  • 越後平野展望
  • 村杉温泉・うららの森
  • 五頭自然学校

第三部<五頭自然学校にて第二回連携協議会&連絡会>

地域の関係者が集まり、今後の事業の進め方について摺合せを行いました。

会場:一般社団法人 五頭自然学校

・挨拶と参加者自己紹介
・事業主旨説明
・支援事務局より説明
・協働取組カレンダーの確認
・具体的な協議、直近イベントに向けた意見交換
・閉会挨拶