第四次環境基本計画に関する環境シンポジウム【静岡8/27】 が開催されました。


環境シンポジウム(静岡会場)会場全体の様子第四次環境基本計画に関する環境シンポジウム 豊かな地域資源を活用した持続可能な地域づくり ~地域の異なる主体の連携・協働による再生可能エネルギー等の活用~【静岡8/27】 が開催されました。

チラシPDF

平成24年4月に閣議決定された第四次環境基本計画の進捗状況を点検するため、中央環境審議会総合政策部会が静岡市で開催した環境シンポジウムに、関東EPOも協力しました。NPO/NGO・一般・行政などの幅広い層から約120名もの参加をいただいた会場は、再エネを活用した持続可能な地域づくりについて、各界を代表する方々から御報告をいただくなど、たいへん貴重な場になりました。

 

開催概要

日時:平成25年8月27日(火) 13:30~16:00
場所:静岡県コンベンションアーツセンター(グランシップ) 会議室1001-2
参加人数:121名

プログラム

13:30  開会
13:35  基調講演
14:00  地域からの取組状況報告
15:10  パネルディスカッション
16:00  閉会

主な内容

※文中敬称略

●開会挨拶
総合環境政策局環境計画課計画官 山本 博之

 

 

 

 

●基調講演
小澤委員中央環境審議会 委員 小澤 紀美子

小澤委員からは、第4次環境基本計画の概要や持続可能な地域づくりに関する講演をいただきました。

 

 

 

 

 

 

●地域からの取組状況報告

静岡県内のNPO、自治体、事業者による環境への取組状況の報告をいただきました。
1) 静岡県 県理事 (政策企画担当) 池谷 廣
2) 特定非営利活動法人アースライフネットワーク 理事 服部 乃利子
(静岡県地球温暖化防止活動推進センター)
3) 静岡瓦斯株式会社 エネルギー・環境戦略担当マネージャー 中井 俊裕
4) 浜松信用金庫 総務人事部副部長 島 明男
5) 掛川市 環境政策課長 榛村吉宣
6) 特定非営利活動法人WAKUWAKU西郷 会長 松浦昌巳

 

●基調講演者、取組状況報告者によるパネルディスカッション

・司会進行:中央環境審議会 委員 浅野 直人
・パネリスト:中央環境審議会委員 取組状況報告者
地域資源を上手に生かして、上手に持続可能な地域社会を作っていくか、という課題に対して、地域における「相互関連性」が重要であり、それぞれの主体が連携して行動することが重要だ、という視点に基づき、意見交換がなされました。

●閉会挨拶
関東地方環境事務所環境対策課長 平野寛人

 

 

 

 

その他

●地域内の取組紹介パネルの展示
報告された取組を含め、静岡で取り組まれる事例について、パネルにて紹介をしました。
(協力:静岡県地球温暖化防止活動推進センター