【海外事例】Emissions Gap Report 2021


UNEPは気候変動の最悪の影響を避けるために、温室効果ガスの排出に関して2030年のあるべき姿と現実的な予測とのギャップについてレポートしてきた。今回は12年目のレポートとなる。

今回のレポートでは、今世紀末までに世界の気温が2.7°C上昇する軌道に乗っていることが示されている。それはパリ協定の目標をはるかに上回っており、地球の気候に壊滅的な変化をもたらすとされている。

パリ協定の目標である、地球温暖化を1.5°C未満にするためには、世界は今後8年間で年間の温室効果ガス排出量を半減させる必要がある、と述べられている。

 

書籍情報

書籍名;Emissions Gap Report 2021
発行年;2021年10月
発行者;UNEP
テーマ;気候変動