【海外事例113<書籍>】グローバルリスク報告書2020


本報告書は2020年のグローバルリスクの全体像を描いたレポート。 その中で、2020年の特徴として、「気候変動」は厳しい局面を迎えており、予想よりも加速していることに触れられてる。世界経済フォーラムが集計するグローバルリスク意識調査の開始以来はじめて、リスク発生の可能性に関する長期的リスクの上位が、全て環境リスクで占められている。影響度に関しても上位5位のリスクのうち、3つが環境リスクだった。「きわめて近い将来の気候変動による影響は地球存続の危機に近づいており、それはすなわち生命の喪失、社会および地政学的な緊張の高まり、そして経済の低落を招くことになる」と述べられている。 和訳はこちらから入手可能。

 

 

書籍情報

書籍名; the global risks report 2020
発行元; World Economic Forum
発行年; 2020年1月
著 者; Emilio Granados, Oliver Cann, Aylin Elçi, Emily Farnworth, Maxwell Hall, Yann Zopf
テーマ; 気候変動



※【海外事例<書籍>】は、書籍や調査レポートなどを通して、海外事例を紹介するコーナーです。