【海外事例110<書籍>】Production Gap Report 2019


本報告書では、化石燃料の生産を拡大させた全10か国の政策や行動によって、1.5℃および2.0℃目標から大きく外れ、ギャップを拡大させたことについて記している。また気候目標に少しでも近づくような化石燃料生産についての政策も示すことで、これらの国がより良い政策を選択できるような提案も行っている。そしてパリ協定に基づく新しい温室効果ガス排出の削減や気候に対する誓約について定めたNDCsに対して、来年各国が準備を行うことにも大きく関係する内容になっている。問題点をグラフ等で具体的に示し、またその解決案に対しても提案している。

 

 

書籍情報

書籍名; Production Gap Report 2019
発行元; Stockholm Environment Institute (SEI), IISD, ODI, CLIMATE ANALYTICS, CICERO, UNEP
発行年; 2019年11月
著 者; Inger ANDERSEN, UNEP: Mans Nilsson, SEI 等多数
テーマ; POST2015/SDGs



※【海外事例<書籍>】は、書籍や調査レポートなどを通して、海外事例を紹介するコーナーです。