【海外事例107<書籍>】Global Health 50/50 Report (2018)


このレポートは、SDGs目標における健康(3)、男女平等(5)、不平等(10)、包摂的な社会と制度(16)を含む、いくつかの持続可能な開発目標(SDGs)の交差点に焦点を当てています。ジェンダーの平等は、世界の健康の優先事項として受け入れなくてはならないものと考えがちですが、この報告書は、健康の決定要因として、または自分の職場でのキャリア平等の推進者として、性別を定義、プログラミング、調達、または監視することによって、少数の世界的な保健機関が講演を歩いているという懸念により作成されました。そして、世界の保健機関が健康の面で、また健康を通じて、男女共同参画を有意義に推進するための最前線に立つために、一連の証拠に基づいた政策提言を提示しています。

 

 

書籍情報

書籍名; グローバルヘルス50/50レポート(2018)
(原題 Global Health 50/50 Report (2018))
発行元; Global Health 50/50, an independent initiative housed by the University College London Centre for Gender and Global Health,
発行年; 2018年
著 者; Global Health 50/50
テーマ; POST2015/SDGs



※【海外事例<書籍>】は、書籍や調査レポートなどを通して、海外事例を紹介するコーナーです。