【11/18開催】SDGs余剰食品活用 オーガニック野菜スープ・フェア


主題

本来食べることができたはずの食品が廃棄される「フードロス」の削減をねらいとした本イベントでは、「12 つくる責任 つかう責任」をより直接的に解決を目指すゴールの1つとしてとらえ、通常の商業ベースでは捨てられてしまう「余剰食品」を原材料としたオーガニック野菜スープを作り、提供します。
余剰食品は質の悪い食品という訳ではなく、大きさや形などが規格外だったり若干の虫喰いなどの理由で、一般の流通に乗せられないようなものを指します。
青山学院大学の学生食堂を運営する株式会社アイビー・シー・エス(IVYCS)とまた食材はオーガニックファームとして高い評判を得ている石坂ファームの協力を得て調達します。
ぜひ、持続的な開発につながる野菜スープを味わいにおこし下さい。

開催概要

|開催日時|2019年11月18日 (月) 11:30~14:00頃

|会 場|青山学院大学青山キャンパス学生食堂(17号館1階イチナナ食堂)

|主 催|株式会社アイビー・シー・エス(IVYCS)

|共 催|農地所有適格法人石坂ファーム株式会社(オーガニック農園経営、ファーマーズマーケットに出店)

|支 援|青山学院大学

|協 力|国連大学、環境省、地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)

|協 力|青山学院大学ボランティアセンター学生
       青山学院大学経営学部玉木研究室学生、青山学院Hicon

プログラム

11:30~14:00頃
上記時間中、学生食堂で販売する定食メニューにつく味噌汁の代わりに、オーガニック野菜スープ(コンソメスープ)が提供されます。
※定食以外のメニューではスープはご提供できませんので、あらかじめご了承下さい。
※品切れししだい終了いたします。

お問合せ

青山学院Hiconへのお問合せはこちらから≫
詳細はWEBサイトをご確認下さい。