4/19開催 国際シンポジウム「持続可能な開発目標(SDGs)への取り組み – 海洋のサステイナビリティを中心に」


UNU-IAS、地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)、スウェーデン大使館は、国連広報センター(UNIC)の協力のもと、スウェーデンのヴィクトリア皇太子 (SDGアドボケイト)を迎え、国際シンポジウム「持続可能な開発目標(SDGs)への取り組み – 海洋のサステイナビリティを中心に」を開催します。

2015年9月に「持続可能な開発のための2030アジェンダ」が国連加盟国により採択されたことから、国際社会は、この野心的なアジェンダに含まれる17の持続可能な開発目標(SDGs)を達成するための道筋を模索しています。

本シンポジウムでは、このSDGsについてどう捉えればよいか、啓発、若者への広報の仕方、官学産の連携の在り方などついて議論します。また、後半では目標14に焦点を合わせ、海洋の現状について議論し、目標達成に向けてどのような取り組みが可能か、特に日本が貢献できる内容は何か、を考えます。

本イベントは、日本語と英語による同時通訳があります。

開催概要

|日 時|4月19日(火)14:00~17:30

|会 場|国連大学3F ウ・タント国際会議場(東京都渋谷区神宮前5-53-70)

|主 催|国連大学サステイナビリティ高等研究所(UNU-IAS)、地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)、スウェーデン大使館

|協 力|国連広報センター

参加登録

参加登録はこちらから>>>(国連大学のサイトが開きます)

プログラム

13:30 受付開始

14:00 開会あいさつ

デイビッド・マローン 国連大学学長・国連事務次長
スウェーデン皇太子ヴィクトリア SDGアドボケイト

14:20-15:00 基調講演

ヨハン・ロックストローム ストックホルム・レジリエンスセンター所長

15:00-15:20 休憩

15:20-16:20 パネルディスカッション#1「持続可能な開発目標(SDGs)達成に向けた取り組みと啓発」

モデレーター
根本かおる 国連広報センター所長

パネリスト
ヨハン・ロックストローム ストックホルム・レジリエンスセンター所長
蟹江 憲史 国連大学サステイナビリティ高等研究所(UNU-IAS)シニアリサーチフェロー、慶應義塾大学教授
調整中

16:20-17:20 パネルディスカッション#2 SDGs 目標 14「海の豊かさを守ろう」

モデレーター
ウィルフ・スワーツ 笹川平和財団海洋政策研究所海洋環境部長

パネリスト
石井幸造 MSC日本事務所プログラム・ディレクター
勝川 俊雄 東京海洋大学准教授
ヘンリク・オステルブロム ストックホルム・レジリエンスセンター科学副部長
高田 秀重 東京農工大学教授
前川美湖 笹川平和財団海洋政策研究所海洋研究調査部主任研究員

17:30 閉会

開催報告

開催報告はこちらから>>>(UNU-IASのサイトが開きます)