令和2年度環境白書を読む会/持続可能な社会を創る 企業と地域の協働セミナー(仮)を開催します


 

環境省では毎年、環境白書のテーマやねらいを環境省の担当者が解説する「環境白書を読む会」を、全国各地で開催しています。
環境白書のポイントの解説をします。環境行政の動向、最新の環境情報を知ることのできるまたとない機会です。

また、第二部として、新型コロナウイルス感染症拡大や、気候変動による異常気象の増加など、社会全体のパラダイムシフトが求められる中、企業セクターに求められる変化とは何かということについて考える、企業向けのセミナーも併せて行います。
皆様のご参加をお待ちしています。
(セミナーについての詳細は後日掲載予定)

(表紙画像リンク先で、令和2年版環境白書・循環型社会白書・生物多様性白書をPDFで閲覧できます。) 

 

開催概要(※新型コロナウイルスの影響により、オンライン上での開催へ変更する場合がございます。)

〇日時:令和2年8月25日(火)
    受付開始 12:30 1部13:00~14:40、2部14:50~16:45(予定)

〇場所:東京ウィメンズプラザ (予定)
    (東京都渋谷区神宮前5-53-67)

〇定員:100名(予定)

〇主催:環境省、関東地方環境事務所、関東地方環境パートナーシップオフィス(関東EPO)

〇協力:地球環境パートナーシッププラザ

プログラム(※時間・内容は変更する場合がございます。)

受付12:30~

●第1部:「環境白書を読む会」(13:00~14:40)(予定)

 〇「環境白書」発表解説

 〇「生物多様性白書」発表解説

 〇「循環型社会白書」発表解説

 〇質疑応答

●第2部:「持続可能な社会を創る 企業と地域の協働セミナー(仮)」(14:50~16:45)(予定)

 ※詳細は後日掲載

 〇趣旨説明

 〇基調講演-今、社会で起きていることについて

  登壇者:後藤 敏彦 氏/特定非営利活動法人 サステナビリティ日本フォーラム 代表理事

   *私たちに求められる新しい社会のイメージを共有

  事例導入―地域循環共生圏について / 環境省 関東地方環境事務所

 〇事例紹介

  登壇者:島村 盛幸 氏/日産自動車株式会社 日本EV事業部 マーケティングマネージャー

      吉田 啓助 氏/東邦レオ株式会社 Green×Town事業部 事業部長

 内容:

  (新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ)

   *今自分の周りで起きている変化

   *今までやってきた事業がどう影響を受けているか?

  〇トークセッション

   *今の状況をどう受け止めているか

   *新しい社会に向けて、どのような変化を求められていると感じるか

   *今後取り組みたいこと・強化したいこと/やめたいこと・変えたいこと など


お申込み

下記URL先の参加フォームよりお申込み下さい。(先着順)

https://www.geoc.jp/mail_form/4/

 

お問い合わせ

関東地方環境パートナーシップオフィス(関東EPO)

TEL:03-3406-5180
E-mail:kanto-epo[★]geoc.jp ※[★]を@に直して送信をお願いします。

担当:高橋、山田、島田