「エコライフ・フェア2013」【出展報告】


 

1972年6月5日からストックホルムで開催された「国連人間環境会議」を記念して、国連では6月5日を「世界環境デー」と定めています。日本では平成5年に制定された「環境基本法」により、この日を「環境の日」を定めています。それに伴い毎年6月を環境月間とし、期間中は全国で様々なイベントが開催されます。エコライフ・フェアは環境月間の代表行事であり、子供から大人まで、楽しみながらライフスタイルを見つめなおすきっかけとなる、さまざまなブースが出展しています。
GEOCでは、国内的な環境パートナーシップづくりのため、NGOとの協働によりエコライフ・フェアに参加しました。事前に「環境らしんばん」登録団体、及び昨年度までの環境ボランティア見本市出展団体から「ボランティア募集情報」を募集しました。当日には多くの来場者の方にお越しいただきました。

開催概要

日時 : 平成25年6月1日(土)11:00~17:00、6月2日(日)10:00~17:00
場所 : 東京都立代々木公園(ケヤキ並木・イベント広場)
主催 : 環境省
共催 : 渋谷区
来場者 : 78,000名(フェア全体・2日間合計)

エコライフ・フェア2013公式ホームページ

出展内容

今回のフェアに合わせ制作した「環境ボランティアなび」を配布するとともに、掲載情報を拡大し、ご来場の方に情報提供しました。

→ 「環境ボランティアなび

冊子は2日間で約300冊、お持ちいただきました。また、来場者の方が気軽に参加できるように「環境ボランティア飴ちゃんクジ」を作成し、チャートに沿ってYes Noで進んでいくと、あなたにピッタリの環境ボランティアが見つかる、というもので、約100名の方にご参加いただきました。