【開催報告】GEOC森里川海トークセッション 第1回 「『「ビオホテル」 ~欧州と日本の状況~』」


開催概要

日 時 2021年9月9日(木) 18:00-19:30
会 場 zoomウェビナーとyoutubeにてオンライン開催
主 催 環境省、地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)

主に都市での一人ひとりの暮らしを見つめなおし、森里川海の恵みを豊かにするライフスタイルを見つけるGEOC森里川海トークセッション。

第1回は「ビオホテル」というテーマに、開催しました。

 

開催内容

★こちらのyoutube動画をぜひご覧ください。

 

 

●session 1 スイス在住 ジャーナリスト/書籍『欧州のビオホテル』著者 滝川 薫 氏 ご講演

滝川さんには遠く離れたスイスよりご講演頂きました。20年前に始まったビオホテルは、100%ビオと総合的CO2削減で信憑性とブランド力の強いホテルの環境認証であり、地域の有機農業や有機市場、高品質エコ製品をけん引する力があり、従来のホテルにも影響力を与えているといいます。

また消費者にとっても、ビオ衣食住の質と楽しさを学べる場所になっています。

日本のビオ市場の現状についてもお話し頂きました。

 

●session2 サステナビリティ・アドバイザー/(一社)日本サステナブル・ラベル協会 代表理事 山口真奈美 氏 ご講演

観光庁のアドバイザーもされていらっしゃる山口さんからは、日本でのサステナブルツーリズムの動向全体についてご講演頂きました。

国際的な観光の認証であるGSTC(The Global Sustainable Tourism Council)をベースに制定された日本版持続可能な観光ガイドラインがあり、サステナブルツーリズムを広げる・根付かせるため、モデル事業も導入されているそうです。サステナブル・ラベルの普及についてもご紹介頂きました。

 

●パネルディスカッション 滝川薫氏×山口真奈美 氏 ×GEOC 星野智子(司会)

GEOC星野より滝川氏へ、「欧州では日常生活においてどのくらいビオホテルやBIOの概念が身近か」「欧州でオーガニックに対する意識が高い人が多くなった背景は」との質問がありました。

山口氏から滝川氏へ、「欧州と比較して、日本における有機農業やオーガニック市場の浸透具合はどのように見えるか」、また

滝川氏から山口氏へ、「日本におけるサステナブルツーリズムの課題もしくは可能性は」とのご質問がありました。

 

 

●視聴者からの質問タイム

視聴者の皆さまから、

「ビオホテルの基準を達成する上で最も難しい項目、苦労されている部分は」

「日本におけるサステナブルツーリズムの顧客層は」

「なぜ欧州は、エコや環境保全に対する意識が高いのか」

「サステナブルツーリズムに与える影響、あるいはその逆は」

等、たくさんの質問を頂き、滝川様と山口様にコメントを頂きました。