つな環


「つな環」は、「環境パートナーシップ」の専門誌です。全国各地でパートナーシップに取り組む人たちの動向・事例を中心に、新たに取り組む人たちの手助けや指針となる情報を発信しています。
最新号 パートナーシップ事例集
バックナンバー
第31号 くらしと産業
日本には、化学物質の生成過程において水俣病をはじめとする公害を引き起こした経験があるが、私たちの暮らしが化学物質のさまざまな性質を利用して作られた製品によって成り立っている。例えば表紙のデニムも、環境や人体に負荷がかかる製造工程の改善につながるテクノロジーが開発されていて、この日常的なアイテムすら化学との関わりが深い。2017年8月「水銀に関する水俣条約」が発効されたことを契機に、私たち市民が化学物質との関わりを正しく理解し、行き過ぎた経済優先に対する監視機能を持ちつつ、「持続可能な産業」を発展させるために何ができるのか。

≫紙面版はこちら


■「Newport竜神の森ドネーションプログラム ~ 津南町の地域資源を活かそう~」
■「市民主導のリスクコミュニケーションの取り組み」
■新規ラムサール条約湿地:渡良瀬湧水池の取組


第29号 GEOC20周年記念特別号 進化する環境パートナーシップと中間支援
第28号 Made in Earth! 生物多様性の主流化に向けて
第27号 持続可能な開発目標SDGs 新しいパートナーシップから生まれる未来