スタッフ紹介


わたしたちがEPO/GEOCのスタッフです。
(五十音順)

伊藤 博隆

伊藤 博隆

地域の環境活動のお役に立つような事業を、主に担当しています。かつては地域毎に、人と人、人と自然の関わりが当たり前のようにありましたが、近年それが急速に薄れて来ていると感じます。昔のものをそのまま復活させるのではなく、時代に適応した形で、パートナーシップに よる新たな関係性を構築することが必要だと思います。自分の地元活動の経験も活かし、お役に立てれば幸いです。お気軽にご相談ください。
(環境パートナーシップオフィス勤務)


江口 健介

江口 健介

学生の頃から環境団体でのボランティア活動に携わり、その中での縁からGEOCに出会いました。GEOCでは、主に国内における企業、行政、NPOを巻き込んだ環境パートナーシップづくりを担当致します。GEOCが次の時代のための新しい”何か”を生み出せる場となるよう、邁進していきたいと思います。よろしくお願いします。
(地球環境パートナーシッププラザ勤務)


尾山 優子

尾山 優子

「協働することは大変だけれども、そこから生まれる価値がある」。そんな言葉をお聞きし、ここに関わる方々に新しい価値を実感していただけるようGEOCから発信していきたいと考えています。日本各地で生まれる小さな輪が大きなうねりになるような取組をみなさんと一緒に進めたいと思います。よろしくお願いします。
(地球環境パートナーシッププラザ勤務)


島田 幸子

島田 幸子

関東EPO事業を担当しています。環境省の区分でいう関東地方は、新潟・山梨・静岡を含む1都9県の広~い地域。首都があり、富士山があり、日本海も太平洋もあります。地域の課題も、そこで活躍するNPO/NGOの規模や事情も大きく異なります。これまで関わってきた、政策提言や生物多様性、水俣病問題などの経験を活かし、この多様な地域の自治体、NPO/NGO、企業をどのようにつなぎ、地域の環境課題解決や元気なNPO/NGO、地域づくりに貢献できるか、地域の人と一緒に考え、取り組んでいきたいと思います。よろしくお願いします。
(環境パートナーシップオフィス勤務)


高橋 朝美

高橋 朝美

興味のフィールドは日本文学から有機農業、田んぼの生きもの、食文化まで幅広く、今も増大中です。そうして本能の赴くままに足を突っ込ん できた世界での私の体験が、これからいろいろな“つなぐ”場面でお役に立てたら、と思っています。自分と、自分とつながる人々の可能性を 信じて邁進します。
(環境パートナーシップオフィス勤務)


藤本 亜子

藤本 亜子

大学教員として生物学実験を教えていましたが、“環境を通して子どもたちと未来をみていきたい!”と思い、JICAの青年海外協力隊として中米コ スタリカで2年間環境教育をしてきました。GEOCでの主な担当業務は持続可能な発展のための教育(ESD)です。現場での経験や思いを生かし、パートナーシップを大切に、環境や教育に貢献していきたいと思っています。
(地球環境パートナーシッププラザ勤務)


藤原 祥子

藤原 祥子

2014年4月よりGEOC運営の国際・広報業務に携わることになりました。これまで企業広報やメディアの仕事に従事するなかで「環境」という命題に出会いました。環境といっても関係分野が広く、深く、はてしないテーマです。まずは自分の暮らしまわりの気づきを大切にしながらローカルからグローバルまでアンテナを張り巡らせていきます。大海原に漕ぎ出る小船のような気持ちですが、小船同士が連携することで大漁につながると信じて!どうぞよろしくお願いします。
(地球環境パートナーシッププラザ勤務)


二重作 由里子

二重作 由里子

とある時突如出現し、気付けばEPOの片隅でひっそり書類たちとにらめっこをしています。この職場とは全く関わりのない理由で以前過ごした場所が、現在出会う人や物事のなかで話題に上がることがあり、目に見えない『つながり』に不思議な縁を感じる日々です。全く関係なく思えるものも実はつながっている…ということが現実に世の中にはあり、動いているんですね。『木を見て森を見ず』ということになりがちな性格ですが、そうらないようアンテナを張って慎重に、バランス感覚を持っていきたいです。よろしくお願いします。
(環境パートナーシップオフィス勤務)


星野 智子

星野 智子

これまでずっと環境問題に関わる国際会議の運営や市民活動サポート、青年の環境ボランティア活動の推進、WSSDやG8サミットなどへのNGO支援などに関わってきました。GEOCでは国際的なパートナーシップや生物多様性に関わる事業を担当しています。これからもセクターや地域、分野、世代を超えるパートナーシップをどんどん生み出したいと思っています。
(地球環境パートナーシッププラザ勤務)


松本 和也

松本 和也

地球規模の環境問題も紐解けば地域の環境問題の積み重ねで起こっています。環境問題は多種多様であり、さらに複雑に関係者が絡み解決するためには多くの人々の力を併せることが大切なことです。一つのツールとしてパートナーシップの形成がありますので、一人一人の力を合わせるためのより良い方法は何かを考えながら業務を行っていきたいと思っております。
(環境省 民間活動支援室勤務)


村尾 幸太

村尾 幸太

2017年4月よりGEOCの一員となり、国内パートナーシップを担当しています。これまでは、大学院で自然災害や水資源に関する法整備の研究を行っておりました。環境保護に関する持続可能な手法を模索する中で「協働」という視点に出会い、その発想と重要性を日々感じています。GEOCの役割と責務を認識し、新たなパートナーシップづくりに貢献できるよう精一杯がんばります。
(地球環境パートナーシッププラザ勤務)


山口 史子

山口 史子

環境の仕事に出会って、気がつけばずいぶん時が経ちました。この間の環境の仕事を取り巻く状況は大きく変わったところと、以前変わらないところとあります。“パートナーシップのプロデュース”という、今までとは異なる観点で環境に取り組む新しいチャレンジになります。GEOCの役割を果たすべく、自分のできることを精一杯がんばっていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。
(地球環境パートナーシッププラザ勤務)


渡辺 綱男

渡辺 綱男

これまで環境省レンジャーとして、全国の国立公園や世界遺産、トキやシマフクロウなどの野生生物保護の仕事に携わってきました。2010年には、日本で開催された生物多様性条約COP10も担当しました。現場に立って、地域の皆さんと共に歩んでいくことを大切にしていきたい、そして、多くの人たちが連携して立ち上がることで新しい流れを創りだしていける、そう強く思います。2012年11月からGEOCの一員となりました。よろしくお願いいたします。
(国連大学勤務)