【海外事例118<書籍>】DOING GOOD INDEX 2020


Centre for Asian Philanthropyが実施したアジア18カ国・地域のソーシャルセクター比較調査「Doing Good Index 2020」。

本調査は、アジアのソーシャルセクターの変化を定期的に捉え、4つの指標(制度環境、税制・資金支援政策、エコシステム、調達)を用いて、セクターが果たす役割やその発達要因・阻害要因を明らかにするもの。アジアのソーシャルセクターの環境分析を行うことで、各国そしてアジア全体の中で信頼を確保し、社会的役割を増大させるための基礎研究となる。

日本語抄訳版では、エグゼクティブサマリーとアジアのソーシャルセクターの潮流、さらに4つの指標で構成される各章のまとめ、さらに日本のソーシャルセクターを取り巻く社会状況や現状を抜き出して翻訳している。

*日本語抄訳版はこちら(日本NPOセンター作成)→https://www.jnpoc.ne.jp/wp-content/uploads/2020/09/DGI-2020_abridged_Japanese_translation.pdf

 

 

書籍情報

書籍名;

DOING GOOD INDEX 2020(アジアのソーシャルセクターのプロフィールと進むべき道)

発行元;

Centre for Asian Philanthropy and Society (CAPs)

発行年; 2020年9月
テーマ; その他



※【海外事例<書籍>】は、書籍や調査レポートなどを通して、海外事例を紹介するコーナーです。