10/5開催 IPCC1.5℃特別報告書発表前「1.5℃=LIFE」アクション


10 月8 日(月)に国連気候変動政府間パネル(IPCC)は世界の平均気温が産業革命前と比べ1.5℃上昇した場合の地球環境や人類への影響をまとめた特別報告書を発表します。すでに報告書の素案はメディアに流れていて、気温上昇1.5℃と2℃における生態系や社会への影響に大きな違いがあると指摘する内容が報道されています。世界気象機関(WMO)は温暖化は異常気象の深刻度および頻度を悪化させていると警告しています。今年の豪雨や最高気温の記録更新など日本列島を襲った極端な異常気象がこれを立証しています。

IPCC1.5℃特別報告書発表前の10 月5 日(金)に、気温上昇を1.5℃に抑えるという目標は地球上の生命体にとってどれほど重要なのかおよび脱炭素化つまり「温室効果ガス排出ゼロ」の自然エネルギー社会への急速な転換の必要性を訴える「1.5℃=LIFE」ライトアップアクションを実施します。

※写真は、2016 年のパリ協定発効記念「ACT FOR 1.5℃」ライトアップアクション

開催概要

|日 時|10月5日(金) 18:30~19:00(18:15集合)※荒天中止
|場 所|国際連合大学前(東京都渋谷区神宮前5-53-70)
|主 催|国際環境NGO350.org 日本支部350.org Japan
|協 力|地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)
|対 象|350.org Japan ボランティア、温暖化問題に関心をもつユース(大学生、若手社会人)および科学者

ライトを「1.5℃=LIFE」をかたどるようにつなげて、それを参加者に持ってもらい、みんなで自然エネルギー社会への移行を呼びかける。ライトの電源は太陽光バッテリーを使用します。

参加申込

参加費は無料ですが、限られたスペースでアクションを行うため、参加人数を把握する必要があります。
参加予定の方は、350.org JapanのFacebookイベントページにて「参加する」ボタンをクリックしてから、参加者登録も併せてご記入ください。

お問合せ

国際環境NGO350.org 日本支部350.org Japan   棚尾(たなお)真理絵
TEL: 090-2183-2113
EMAIL: marie.tanao[※]350.org [※]を@に変更してください。