イベント

イベント名 環境学習や自然体験での安全管理セミナー
開催日 2008年5月17日(土)
募集期間 2008年4月1日(火)~2008年5月17日(土)
開催場所 福井県
投稿日 2008年4月5日(土)
投稿団体 越前市エコビレッジ交流センター
Eメール ecovilg@tk.ttn.ne.jp
URL http://www.ttn.ne.jp/~ecovilg
内容 環境学習や自然体験での安全管理セミナー
・日時 5月17日(土)13時から17時まで
・内容 自然体験や野外活動での危険回避や救急法ついて学びます。春になるとアウトドアや自然体験が楽しい。でも危険な目にあう前に、危険回避の方法や自然の中で怪我した時などの対処方法について学びましょう。
・場所 越前市エコビレッジ交流センター
〒915-1225 福井県越前市湯谷町25-25-2
 TEL・FAX 0778-28-1123
 ecovilg@tk.ttn.ne.jp
 http://www.ttn.ne.jp/~ecovilg
・参加費 無料
・講師 
 長野義春(越前市エコビレッジ交流センター)
 (財)中海水鳥国際交流基金財団、NPO法人の環境教育専門職員を経て2005年より現職。環境省認定環境カウンセラーでもある。
 環境庁野生生物保護対策検討委員および国際湿地保全連合作業部会委員として日本政府とオーストラリア政府共同事業アジア太平洋渡り性水鳥保全戦略に参画。水鳥や湿地をテーマにした環境教育の施策を提言。地球生物多様性フォーラム(コスタリカ)では「水田の生物生息地としての機能」について説明(1999年)。農林業と野生生物管理について地域住民と共に考える「タヌキワークショップ」のファシリテーターを務めるなど、主に自然をテーマにした環境教育や研究を行っている。環境教育指導者育成の研修やプログラムも企画運営しており、教育効果や評価法も研究テーマとしている。
環境庁野生生物保護対策検討委員、環境省・文部科学省「環境教育指導者育成事業」検討委員、文部科学省「環境教育担当教員講習会」の講師などを歴任。