• トップ
  • 活動紹介
  • 関東EPO
  • 7/11(木)【栃木県】第1回 とちぎの環境と子どもの未来を考える会 ―子ども×自然×体験の可能性を探る―

7/11(木)【栃木県】第1回 とちぎの環境と子どもの未来を考える会 ―子ども×自然×体験の可能性を探る―

栃木県を舞台に子ども×自然×体験に向き合う主体が一堂に会し、お互いの活動の理解を深めつつ、とちぎの「自然環境」と「子ども」の未来の可能性について語り合います。


▽クリックするとPDFが開きます▽


実施の目的

栃木県域で自然体験活動や、自然環境を活用した子どもの居場所づくりにかかわる多様な主体が一堂に会し、

①それぞれがどのような視点で地域の自然環境をとらえているか
②未来の子どもたちのことを考えたときに、どのような環境を残したい(つくりたい)か
③子どもたちに、地域で育つプロセスでどのような体験をしてほしいか

などを話し合い、それぞれの活動のブラッシュアップおよび、主体同士の協働取組のきっかけづくりの機会としたいと考えています。

開催概要

◆日時;令和6年7月11日(木)13:30~16:30 

◆場所;トライ東 (〒321-0962 栃木県宇都宮市今泉町3007

◆参加費;無料

◆主催;環境省関東地方環境事務所

◆協力;とちぎ子ども自然体験活動ネットワーク/関東地方環境パートナーシップオフィス(関東EPO)

※第2回は、9月上旬開催予定です。

プログラム

1.開会 

2.趣旨説明 

3.自己紹介 

4.キーノートスピーチ 

①「自然保護の心を育む里山体験活動」遠藤隼氏 
②「地域や観光から見る自然体験活動のニーズ」真山高士氏
③「子どもの貧困問題に対して自然体験ができること」塚本竜也氏

5.クロストーク 

 ・遠藤氏×真山氏×塚本氏 / 司会:関東EPO高橋

6.意見交換 

1)キーノートスピーチを聞いて、共感したこと、印象に残ったこと
2)自分自身が活動で感じる課題感、モヤモヤ、共有したいこと
3)「子ども×自然×体験」をテーマに、チャレンジしていること/これからやりたいこと

7.全体共有・まとめ

8.閉会

こんな方にオススメ

◆栃木で、子ども×自然×体験に関わる活動をしている/したい方

◆自然環境または子育てに関心がある方

◆栃木で、子どもや自然に関わる体験活動をしている仲間に出会いたい方

※本会では、具体的な活動の連携や、各活動のブラッシュアップを狙います。
栃木県内で活動している方、具体的に活動の拠点がある方にお勧めです。

申し込み方法

以下フォームよりお申込みください。
https://epc.or.jp/pp_dept/tochigi

※申し込み締め切り 7月8日(月)まで

問い合わせ

関東地方環境パートナーシップオフィス(関東EPO)

担当:高橋・山本
kanto-epo@geoc.jp