職員募集

森林再生指導員認定制度、研修受講者を募集中(希望者はスタッフ登録・採用あり)

神奈川県

森林再生指導員とは、 植生景観の復元のスペシャリストである非営利型一般社団法人Silvaの提供する認定制度です。

緑化対象地の地形・地脈を把握し、土地本来の植生を理解し、開発により失われた古来の森を再生指導する事の出来るアドバイザーを増やすことを目的としる入門編の基礎研修となります。
今まで緑化活動にふれたことのない方でも登録の出来る様、分かり易い講習と実地研修を基本としています。

<なぜこの認定制度が重要なのか>
近年、便利さや合理主義の下に人為的干渉により大規模に自然が失われ、地形をも変える規模の開発が行われてきました。
けれども、私たち人間が生きていくには、健全な生態系の営みによる安全な空気や水、土壌が必要不可欠です。
その生みの親となる「森」が姿を消すことは、自分たちの生き場を失うことに直結します。
あとから来るもの達のために、いま私たちが残すべきものは「森」なのです。
その為、「森」の役割や機能を理解する人を少しでも増やさなければなりません。
この講座を修了すれば、あなたも森林再生の専門家になれるでしょう。

<講座概要>
実地研修を基本とし、環境省公認の森林再生専門家の指導の下、説明を受けながら体験を積み重ねていただきます。
先ずは、開催日の中からご都合のつく日を選択し、計3回の座学と現場研修を受講いただきます。
研修後に実地試験として、指定された日にちに行われる植樹イベント等に参加していただきます。
その後、筆記試験を受けていただき、80点以上の方が合格となり認定証を授与されます。

※Silva理事、東京農業大学名誉教授の中村幸人博士(理学)と
代表理事である植生管理士(環境省・農林水産省認定)の川下都志子、
既に合格した森林再生指導員が研修を担当します。

<この認定制度で出来ること>
森林再生指導員になることで、このような知識やスキルが身に付きます。

何故森林が重要なのか
土地本来の森の意義
森の成り立ち
森づくりの手順(植樹方法)
土壌生物の働き
疲弊した大地の治療法
庭等の身近な環境への応用
風の草刈り方法(育樹方法)

研修を修了後はSilvaスタッフ登録ができます。
スタッフには植樹祭や通年作業の現場で森林再生指導員として活動いただき、活動時に時給が発生します。

<受講料金>
受講料:3万円 ※学生優遇制度有り…現役学生は受講料無料
年間金額:登録維持費 3000円
年会費(個人会員) 3000円


尚、本講座及び認定制度は国連主導の「持続可能な開発目標(SDGs)」 宣言の11項目を実践する講座となります。
3.すべての人に健康と福祉を
4.質の高い教育をみんなに
5.ジェンダー平等を実現しよう
6.安全な水とトイレを世界中に
8.働きがいも経済成長も
11.住み続けられるまちづくりを
12.つくる責任つかう責任
13.気候変動に具体的な対策を
14.海の豊かさを守ろう
15.陸の豊かさも守ろう
17.パートナーシップで目標を達成しよう

受講者は通年募集しております。
日程など、詳細はinfo@silva.or.jpまでお問い合わせください。