イベント

イベント名 シンポジウム 脱炭素トランジションと市民参加・熟議―報告:脱炭素社会構築に向けた欧州の試み・気候市民
開催日 2020年2月14日(金)
募集期間 2020年1月9日(木)~2020年2月7日(金)
開催場所 東京都
投稿日 2020年1月11日(土)
投稿団体 環境政策対話研究所
URL http://inst-dep.com/info/2999233
内容 フランスや英国などの欧州各国では、脱炭素トランジションに向けて市民参加・熟議の流れが強まっています。本シンポジウムでは、くじ引きで選ばれた市民による徹底討議など、革新的な取組を行う2カ国の現地調査結果を報告し、こうした果敢なトランジションの動きをどう受け止めたら良いのか、参加者の皆様と共に考えます。

日時:2020年2月14日(金)13:00〜17:30 
場所:衆議院第一議員会館内、国際会議室
主催:(一社)環境政策対話研究所
共催:(公財)地球環境戦略研究機関
後援:環境省(申請中)・在日仏大使館/アンスティチュ・フランセ⽇本


❏ プログラム ❏
総合司会:長谷川雅世((一社)環境政策対話研究所 理事)

13:00-13:10 主催者挨拶
柳下正治 ((一社)環境政策対話研究所 代表理事)

13:10-13:30 基調講演:脱炭素トランジションについて
  西岡秀三 ((公財)地球環境戦略研究機関 参与)

第一部 事例報告
13:30-14:40 フランス事例報告……大統領主導の150名による気候市民会議の開催
  報告:中村博子 ((一社)環境政策対話研究所 客員研究員) 
  問題提起: 石川雅紀 (神戸大学 名誉教授)

14:40-15:00 英国事例報告 ……議会主導の市民討議会の開催
       報告:松下和夫(京都大学 名誉教授)

第二部 討論
15:15-15:50 講演「くじ引きによる民主主義」
       吉田徹 (北海道大学法学研究科/公共政策大学院 教授)

15:50-17:20 パネルディスカッション
モデレーター :三上直之 (北海道大学高等教育推進機構 准教授)
パネリスト  :報告者、講演者等

17:20-17:30 閉会挨拶
       (公財)地球環境戦略研究機関

※お申し込み方法、会場へのアクセス等、詳細は当研究所ホームページをご参照ください。
http://inst-dep.com/info/2999233