イベント

イベント名 『犬が殺される―動物実験の闇を探る』出版記念講演会 著者・森映子さんに取材体験を聞く
開催日 2019年3月9日(土)
募集期間 2019年2月1日(金)~2019年3月8日(金)
開催場所 東京都
投稿日 2019年2月15日(金)
投稿団体 PEACE~命の搾取ではなく尊厳を
Eメール info@animals-peace.net
URL http://animals-peace.net/0309/
内容 『犬が殺される―動物実験の闇を探る』出版記念講演会&交流会
著者・森映子さんに取材体験を聞く
~日本の動物実験事情は? 元実習犬しょうゆちゃんに会うまで!~

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
女優/公益財団法人動物環境・福祉協会Eva 理事長
杉本 彩さんも推薦!
講演会当日、お祝いのことばをいただきます!
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

「毎日開腹して縫って、また腹を切る――」
ある獣医大学では近年まで、
同じ犬を複数の手術で5日間使うという実習があったという…

医薬品、化粧品、化学製品、農薬などの研究開発、毒性の評価など、あらゆる分野で私たちの暮らしに関係している動物実験。
しかし、その実情はほとんど知られていません。

この3月、同時代社から出版される『犬が殺される―動物実験の闇を探る』は、ジャーナリストの森映子さんが、日本各地の動物実験の現場を丹念に取材し、密室に閉ざされた世界で今何がおきているのかを記録した渾身のルポルタージュです。
これまでにない画期的な著作となるこの本の出版を記念して、講演会&交流会を開催いたします。

動物愛護法改正を迎える今年、日本の実験動物たちの今とこれからについて、一緒に考えてみませんか。
何が起きているのかまず知りたいという方から、実験動物たちのために何かしたい!という方まで、お気軽にご参加ください。

※当日、会場で『犬が殺される―動物実験の闇を探る』をご購入いただけます。

日時:2019年3月9日(土) 午後13:15開始(12:45開場)
場所:NATULUCK飯田橋東口 駅前店 4階大会議室A
(東京都千代田区飯田橋4丁目8 飯田橋4-8-6 日産ビル)
Googleマップ⇒https://bit.ly/2Bo7uqe

参加費:講演会 1,000円、交流会 1,000円(※交流会の部は申し込みを締め切りました)
当日受付にてお支払いください。

※要申し込み。
下記フォームからお申し込みください。
(講演会定員90名、交流会定員30名)

申込フォーム:
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeZRMgoxYx_gWwGdG7GBdfO3GEnTNcSVXNkm1kik6jLxTuBvQ/viewform

◆プログラム
13:15~ 開始
 出版に寄せて
  川上 隆(株式会社同時代社 社長)
 お祝いのことば
  杉本 彩(女優/公益財団法人動物環境・福祉協会Eva 理事長)
 講  演
  「元実習犬しょうゆちゃんに会うまで」
  森 映子(『犬が殺される』著者・時事通信記者)
話題提供
 「動物愛護法改正と実験動物」
  東 さちこ(PEACE代表)
会場よりコメント・質疑応答

15:10 講演会終了/休憩
15:30~  Veganスイーツ交流会 ※会場の移動はありません
17:00 終了

◆『犬が殺される―動物実験の闇を探る』について:
ジャーナリストの森映子さんが、ときに取材拒否に直面しつつも、日本の動物実験の現状を粘り強く追った渾身のルポルタージュです。
企業の圧力によって隠蔽される社会問題を鋭く世に問うた『大東建託の内幕』(三宅勝久著)が話題の同時代社から、3月上旬刊行予定です。
http://www.doujidaisya.co.jp/book/b437228.html

◆著者プロフィール
森映子(もり・えいこ)
1966年京都市生まれ。91年時事通信社入社。英文部、社会部、名古屋支社などを経て、98年から文化特信部の記者として、衣食住、ジェンダー、エシカル消費、動物福祉などを取材している。

主催:PEACE 命の搾取ではなく尊厳を
共催:株式会社同時代社

問い合わせ先:
PEACE事務局 ※お急ぎでない場合、メールでお願いいたします。
〔メール 〕info☆animals-peace.net ※☆印をアットマークに変えてください。
〔電話〕070-5569-7689