イベント

イベント名 【湿地と気候変動】2019年世界湿地の日記念シンポジウム
開催日 2019年1月24日(木)
募集期間 2018年12月24日(月)~2019年1月23日(水)
開催場所 東京都
投稿日 2019年1月11日(金)
投稿団体 日本国際湿地保全連合
Eメール info@wi-japan.org
URL https://japan.wetlands.org/ja/
内容 1971年2月2日にラムサール条約が採択されたことを記念して、ラムサール条約は毎年2月2日を「世界湿地の日(World Wetlands Day)」と定めています。シンポジウムでは、湿地と気候変動のかかわりを再確認します。

日 時:2019年1月24日(木)14:00~17:00 ※13:30~受付
場 所:国連大学 アネックススペース
テーマ:湿地と気候変動(Wetlands and climate change)
主 催:日本国際湿地保全連合(WIJ)、国連大学サステイナビリティ高等研究所(UNU-IAS)
共 催:環境省、地球環境パートナーシッププラザ
参加費:無料 ※事前参加登録が必要

【タイムテーブル】
13:30~ 受付
14:00~17:00 シンポジウム
17:30~19:30 懇親会 ※国連大学近くのお店で会費制(5,000円)

【プログラム(予定)】
14:00 開会
14:10~16:10 事例・取組紹介
•持続可能な開発目標(SDGs)と気候変動(UNU-IASプログラムコーディネーター 増田大美)
•気候変動とパリ協定に向けた動き(WWFジャパン気候変動・エネルギーグループ 市川大悟)
•湿地と気候変動(藻場・サンゴ礁)(国立環境研究所気候変動適応センター 熊谷直喜)
•湿地と気候変動:尾瀬にみられる影響(北海道大学名誉教授岩熊敏夫)
•気候変動と企業活動への影響(MS&ADインシュアランスグループホールディングス 浦嶋裕子)
•「森の再生から海辺の再生へ」〜津波被災地の海辺に湿地を甦らせる東松島市の取り組み〜(C.W.ニコル・アファンの森財団 野口理佐子、東松島市復興政策部復興都市計画課 森祐樹)

16:10~16:20 休憩
16:20~17:00 質疑応答
17:00 閉会

【参加登録方法】
申込フォーム(http://urx2.nu/Otjo)またはメール(info@wi-japan.org)でお申込みください。
※1/23(水)登録〆切

【問合せ先】
日本国際湿地保全連合
TEL: 03-5614-2150 / E-mail: info@wi-japan.org
担当:長倉・比留間