イベント

イベント名 「働くってどんなこと?」連続ダイアローグvol.4
開催日 2018年4月25日(水)
募集期間 2018年4月10日(火)~2018年4月25日(水)
開催場所 東京都
投稿日 2018年4月10日(火)
投稿団体 アミタ株式会社
Eメール
URL http://www.amita-hd.co.jp/recruit/dialogue/2018-vo
内容 少子高齢化・人口減少による社会保障の負担増加・エネルギーや資源の枯渇問題・・・
日本は、世界に先駆けて社会課題に直面している「課題先進国」と言われています。

あなたはこれを聞いて失望しますか?
それともワクワクしますか?

黙って待っていても、エックスデーはやってきます。
どうせなら、世の中に一石を投じ、自分たちで素敵な未来をつくりませんか?


今、企業は、社会課題をビジネスチャンスと捉え、
本当の意味で、人と自然を豊かにするサステナブルな企業活動が求められています。

――顕在化されていない本当に必要なニーズを拾い、市場を切り拓く
――厳しい制約の中でこそ、創意工夫を楽しみ、社会を豊かにするサービスを提供する

今回は、豊かな社会の実現に貢献する「グローバル環境先進企業」を目指し、
事業を通して世界中の人々が安心・快適に暮らし、
様々な生きものが共存する持続可能な社会の実現に取り組まれている三菱電機グループより、
環境推進本部マネージャーの竹内 秀年さんをゲストにお招きします。

社会をサステナブルにする企業で働く未来開拓者に、
不確実な未来に向けて事業を興す醍醐味・難しさ・やりがいを聞いてみませんか?


ゲスト
竹内 秀年(たけうち ひでとし)さん
三菱電機株式会社 環境推進本部 管理グループマネージャー

東京都出身。1991年から三菱電機環境推進本部。全社の環境計画とりまとめ、
工場の環境管理支援、ISO14001事務局。途中、IT関係の関係会社に出向して、
環境情報システムの営業、開発支援、環境の業務コンサルタントを経験。
その後、大船地区の事業所(研究所)にて、土壌対策、PV設置、
東日本大震災における電力使用制限令対応での省エネルギー、
そして生物多様性保全活動。現在は、本社に戻り環境推進本部のマネージャーとして環境監査、
ISOなどに取り組む。一貫して廃棄物・リサイクルを担当。
プライベートでは、アミタの熊野会長とともに環境NPOの立上げを経験。


ファシリテーター
佐藤 博之(さとう ひろゆき) |
アミタ株式会社 代表取締役

1965年生まれ、静岡県出身。
グリーン購入ネットワーク事務局長・専務理事、
世界エコラベリングネットワーク総務事務局長等を経て、現職。
アミタホールディングス株式会社専務取締役、
株式会社アミタ持続可能経済研究所代表取締役を兼務。
持続可能な社会の実現に向けて、宮城県南三陸をはじめとする
国内外の地域循環システム構築や企業のサステナビリティ戦略の支援に取り組む。