イベント

イベント名 水環境におけるマイクロプラスチックに関する最新の動向
開催日 2017年8月4日(金)
募集期間 2017年5月10日(水)~2017年8月4日(金)
開催場所 東京都
投稿日 2017年5月16日(火)
投稿団体 日本水環境学会
Eメール togawa@jswe.or.jp
URL http://www.jswe.or.jp
内容 日本水環境学会 第26回市民セミナー
「水環境におけるマイクロプラスチックに関する最新の動向」

 海洋ごみの多くがプラスチックで,分解性が低く,環境中に長く留まることが指摘されてきましたが,近年,プラスチックが細片化されたマイクロプラスチックの存在が明らかとなってきました。マイクロプラスチックは,海洋中ではごく低濃度でしか存在しない有害性の高い化学物質を吸着し,濃縮することも明らかになりつつあり,摂取した魚や鳥などにこれらの有害な化学物質が移行することも分かってきました。しかし,マイクロプラスチックを水環境中から検出,定量することは大変難しく,世界的な汚染実態や,水環境中における動態,生物や人への影響については明らかになっていない事が多いです。本セミナーではマイクロプラスチックに関する最新の研究成果を最先端で活躍する4名の講師から話題提供をいただきます。本セミナーはテレビ会議システムにより,東京と大阪で同時に開催します。

主 催:公益社団法人 日本水環境学会
期 日:2017年8月4日(金)10:50~16:30
場 所:
東京会場:地球環境カレッジホール(いであ(株)内) (東京都世田谷区駒沢)
http://www.gecollege.or.jp/gec/gec.htm#02
大阪会場:いであ㈱大阪支社 ホール (大阪市住之江区南港北)
http://ideacon.jp/company/office/osaka.html


プログラム:
11:00~ プラスチックと化学物質汚染   東京農工大学農学部 高田秀重(東京会場)
12:00~ 昼休み
13:00~ 漂着物の現状とモニタリングの課題  愛媛大学工学部 日向博文(東京会場)
14:10~ マイクロプラスチックの海域汚染の状況 
               九州大学大気海洋環境研究センター 磯辺篤彦(東京会場)
15:20~ マイクロプラスチックの淡水域汚染の状況
                  京都大学大学院地球環境学堂 田中周平(大阪会場)
(※講師の都合等で変更となる場合があります)

定 員:先着250名(東京会場150名、大阪会場100名)
参加費(税込,資料代含む):一般3,000円,大学生1,000円,高校生以下無料
申し込み方法:FAX、E-mailまたはハガキに、
①参加者氏名(フリガナ)
②会員・非会員の別
③会員の場合は会員番号
④希望受講会場
⑤連絡先(所属団体名,住所,電話・FAX番号およびE-mail)
をご記入の上、下記宛お申し込み下さい。
また,参加費を7月28日までにお振り込み下さい。入金を確認後,参加証(ハガキ)をお送りいたします。

参加費振込先:三菱東京UFJ銀行 市ヶ谷支店 (普通)0754950
(公社)日本水環境学会セミナー口
シャ)ニホンミズカンキョウガッカイセミナーグチ

申し込み・問い合わせ先:(公社)日本水環境学会市民セミナー係 
(E-mail:togawa@jswe.or.jp
〒135-0006 東京都江東区常盤2-9-7 グリーンプラザ深川常盤201号
TEL.03-3632-5351 FAX.03-3632-5352
ホームページ:http://www.jswe.or.jp