イベント

イベント名 生物多様性条約第10回締結国会議(CBD/COP10)関連イベント「生物多様性を大切にした社会づくりを可能にするために」
開催日 2010年10月19日(火) 画像なし
募集期間
開催場所 愛知県
投稿日 2010年10月1日(金)
投稿団体 特定非営利活動法人持続可能な開発のための教育推進会議
URL
内容 生物多様性条約第10回締結国会議(CBD/COP10)関連イベント


生物多様性を大切にした社会づくりを可能にするために
~ESDの10年と生物多様性10年のシナジーを探る~


日時 : 2010年10月19日(火)11:00-16:00(10:30受付開始)
場所 : 名古屋学院大学体育館1階 小会場2(生物多様性交流フェア会場内)
参加費 : 無料 / 定員:60名 / 同時通訳付き


生物多様性は、私たち人間が生きていくためになくてはならない、あらゆる命の基盤です。そして生物多様性の破壊をくい止め、維持できるようにするためには、私たちの暮らしや社会のあり方を変えていく必要があります。ESD(持続可能な開発のための教育)は、そのような社会づくりの担い手や仲間を増やしていくときに、非常に大切な考え方であり、効果的なアプローチです。

一方、日本がCBD/COP10に提案している「生物多様性の10年」(2011-2020)では、CEPA(Communication, Education and Public Awareness)が重要なキーワードになっています。ESDの10年(2005-2014)のこれまでの経験や蓄積を生かしながら、生物多様性の10年をより効果的に展開していく方法を、参加者全員で探っていきましょう。

【プログラム(案)】
・情報共有‐「CEPAとは何か?ESDとは何か?」
・パネルディスカッション‐「生物多様性の10年とCEPA(教育、人づくり)をどうすすめるか」
・生物多様性を促進するESDの事例‐北海道オホーツク紋別、鹿児島県重富干潟から
・グループディスカッション‐「生物多様性を大切にした地域づくりのために何をすべきか」

【参加申し込み】
件名を「CBD関連イベント申し込み」として、お名前、ご所属、メールアドレス、一言自己紹介(50文字以下)、当日期待することを、「seminar@esd-j.org」までお送りください。

【会場へのアクセス】
http://www.cop10.jp/fair/access.html

【お問い合わせ】
認定NPO法人 持続可能な開発のための教育の10年推進会議(ESD-J) 担当:野口、村上
東京都渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山B2F
TEL:03-3797-7227 mail:seminar@esd-k.org

主催:認定NPO法人持続可能な開発のための教育の10年推進会議(ESD-J)
共催:中部環境パートナーシップオフィス
協力:九州環境パートナーシップオフィス
CBD市民ネット「開発×生物多様性」作業部会


このイベントは独立行政法人環境再生保全機構「地球環境基金」の助成をうけて実施しております