イベント名 里海エコツアー:地魚も美味しい1万円のモニターツアー
開催日 2010年10月30日(土)~2010年10月31日(日) 画像なし
募集期間
開催場所 高知県
投稿日 2010年9月27日(月)
投稿団体 日本エコツーリズムセンター
Eメール desk@ecotourism-center.jp
URL http://www.ecotourism-center.jp/
内容 【案内人・広瀬敏通とともに海を耕す高知県・柏島の取り組みを学ぶ!】
里海づくりが地域を元気にする起爆剤となり、水産資源の枯渇問題にも役立つ! 地域活性化に取り組む団体や自治体関係者、そして高知の海をこよなく愛する海ガール、海ボーイにお勧めのエコツアーです。

「里海」って知っていますか?
日本の沿岸は護岸整備などでほとんど人の手が加わっています。しかし、里山のように、手入れされている「里海」はまだまだ少ないのが現状です。
黒潮実感センター(高知県・柏島)では、人と海が共存できる里海づくりに取り組んでいます。
その取り組みのひとつが、海中への植林! 実際に木を植えているわけではないのですが、間伐材をアオリイカの産卵床として海底に設置しています。磯焼けにより産卵の場を失ったアオリイカが戻りはじめ、1本の木に10万個もの卵が生み付けられています。
この里海づくりには、地元の漁師さんとダイビング事業者が協力して行っています。また子どもたちへの環境教育の場にもなっています。もちろん間伐材を使うことで、山の手入れにもつながります。
海の中は見えにくく、資源管理が難しいですが、水産資源の枯渇が深刻な問題になっている今、里海への取り組みは不可欠です。
海のエコツアーの定着を目指す今回のモニターツアー、里海づくりを実践するポイントをエコセン代表理事の広瀬敏通が解説します!

【内容】
【1日目】
・海と山のつながり:間伐している山から海まで、ミニハイキング
・地元の漁師たちとの交歓会
【2日目】
・シュノーケリングで海の現状を知る(船またはカヌーからのエントリー)
・「里海って何?」:『里海』プロジェクトの紹介とレクチャー
※天候などにより変更になる可能性があります。
【案内人】広瀬敏通(日本エコツーリズムセンター代表理事)

【日時】2010年10月30日(土)13:00〜31日(日)12:00 1泊2日
【場所】高知県幡多郡大月町柏島 黒潮実感センター泊
【集合】黒潮実感センター 13:00集合、翌日12:00解散
【定員】15名
【費用】10,000円(1泊2食込、懇親会費別)
【お申込み】http://www.ecotourism-center.jp/article.php/ecotour_hata のお申込みフォームまたは電話、ファックスでお名前、メールアドレス、住所、ご連絡先電話番号を日本エコツーリズムセンター事務局にお知らせください。
【お問い合わせ】日本エコツーリズムセンター
 TEL:03-6457-3952 Fax:03-6457-3951