イベント

イベント名 アフリカマナティーの保全プロジェクト(報告会)
開催日 2020年3月7日(土)
募集期間 2020年2月19日(水)~2020年3月6日(金)
開催場所 東京都
投稿日 2020年2月20日(木)
投稿団体 一般社団法人マナティー研究所
URL
内容 『日時』
2020年3月7日土曜日 10:30~ 11: 30
(受付開始)10:15〜

『場所』
地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)
(東京都渋谷区神宮前5-53-70 国連大学ビル1F)

『対象』
どなたでも

『定員』40名

『参加費』500円

『申し込み方法』
こちらのメールアドレスへご連絡お願いいたします.
jamesmanatee2018+info@gmail.com

題名『報告会参加』
本文『お名前,参加人数,メールアドレスを記入してください』

『セミナーの詳細説明』
海牛類(かいぎゅうるい)にはマナティー科とジュゴン科が部類されます.マナティー科には3種類がいて,ウェストインディアンマナティー,アマゾンマナティー,アフリカマナティーです.
この中でも,アフリカマナティーの研究はこれまでにほとんど行われておらず,その生態も謎に包まれています.
ここ数年でようやくアフリカ国内でのマナティー調査が始まりました.
社)マナティー研究所は,2019年地球環境基金の助成を受けて,カメルーンのアフリカマナティー保全事業を開始しました.
代表理事の菊池夢美が,アマゾン川でのマナティー調査の経験を生かして,カメルーンのアフリカマナティー保全事業および調査へ参加しています.
この報告会では,アフリカマナティーの現状,現地での環境教育,今後の調査について紹介します.
また,カメルーンではマナティーの他にもゴリラやチンパンジーなど類人猿も多く保護されています.そのレスキューセンターの様子も報告します.