イベント

イベント名 第70回清里インタープリターズキャンプ(体験学習法)
開催日 2020年1月11日(土)~2020年1月13日(月) 画像なし
募集期間 2019年11月9日(土)~2020年1月11日(土)
開催場所 北海道
投稿日 2019年11月9日(土)
投稿団体 キープ協会
URL http://www.keep.or.jp/taiken/leader/interpreters/#70th
内容   第70回清里インタープリターズキャンプ(体験学習法)
    ~ 気づきが生まれる学びの場 ~

http://www.keep.or.jp/taiken/leader/interpreters/#70th
  
◇日 程: 2020年1月11日(土) 13:30 ~ 13日(月・祝) 14:00 <2泊3日>

◇場 所: 清泉寮
     (公益財団法人キープ協会/山梨県北杜市高根町清里)

◇講 師: 津村 俊充(つむら としみつ)
       <南山大学名誉教授、JIEL代表理事・所長>
      増田 直広(ますだ なおひろ)
       <公益財団法人キープ協会 環境教育事業部 主席研究員>

===================================================================


中国の古いことわざに、こんな言葉があります。

「聞いたことは忘れる」「見たことは思い出す」
「体験したことは理解する」「発見したことは身につく」


人は忘れる生きもの。「たくさんの情報」を受け取っても、
心に残らない限り、すぐに忘れてしまうものです。

それでも、いざ実施者側に立つと、
ついつい一生懸命しゃべりすぎてしまったり、
やりたいことが多すぎて、詰め込みすぎてしまったり。
結局、「一番伝えたかったこと」さえぼやけてしまう・・・。
誰しもそのような経験があるのではないでしょうか?

では、どうすれば「ずっと心に残る」メッセージを
届けることができるのでしょうか?

そのために大切なキーワードが「気づき」。
自ら発見したことは、「身につく」だけでなく、
新しい行動へのエネルギーになります。

今回は、「気づきが生まれる学びの場」と題し、
「体験学習法」と「インタープリテーション」の視点から
メッセージを届けるコツについて学びます。

「なんか楽しかった!」
「いろんな話を聞けて良かった!」で終わらせないために、
気づきの大切さを学び直してみませんか。


===================================================================
●開催要項
・日 時/2020年1月11日(土)13:30 ~ 13日(月・祝)14:00 <2泊3日>
・場 所/清泉寮(公益財団法人キープ協会/山梨県北杜市高根町清里)
      ★男女別相部屋
・講 師/津村 俊充(南山大学名誉教授、JIEL代表理事・所長)
      増田 直広(公益財団法人キープ協会 環境教育事業部 主席研究員)
・対 象/16歳以上一般
(インタープリターに興味・関心のある方ならどなたでも)
・定 員/30名(先着順)
・料 金/一般48,000円(税込、宿泊食費込)
・割 引/ 【学割】学生の方:5,000円引
      【早割】12/28(土)までにお申し込みの方:3,000円引 
      【会員割】フレンズオブキープの会員の方:通常料金から10%引
       ※割引の併用はできません。
・後 援/環境省・文部科学省・林野庁・山梨県
・主 催/公益財団法人キープ協会

===================================================================
●お申込み・お問合せ先
公益財団法人キープ協会 環境教育事業部
 キープ・フォレスターズ・スクール
〒407-0301 山梨県北杜市高根町清里3545
Tel:0551-48-3795 Fax:0551-48-2990
 E-mail:forester@keep.or.jp
 担当:村井 孝一(むらい こういち)