イベント

イベント名 令和元年度 植生アドバイザー育成講座
開催日 2019年8月31日(土)~2019年9月3日(火)
募集期間 2019年4月16日(火)~2019年8月15日(木)
開催場所 群馬県
投稿日 2019年7月23日(火)
投稿団体 一般社団法人日本植木協会
URL https://www.ueki.or.jp/
内容 開催日 令和元年8月31日(土)~9月3日(火)(3泊4日)

この講座は「人と自然の共生」の価値観を共有した緑の環境創造を実践できる人材を育成するため、(一社)日本植木協会と東京農業大学の共催で、平成 15 年から毎年行われています。
植物を扱うプロとしての私たちが、身近な森林など自然植生の成り立ちを理解することは、環境復元など緑化工事の新たなニーズに対応するために不可欠です。この講座の目的は、現場の植生調査を行って、そのデータをもとに適切な樹種選定や緑化手法を提案できる能力を養うことにあります。ぜひこの機会に参加されますよう御案内申し上げます。

講座は、全3コースで構成されており、1年目は第1段階の「A 植生調査コース」、2年目は第2段階の「B 植生景観調査コース」、3年目は第3段階の「C 植生復元・モニタリングコース」と、1年ごと段階を踏んで受講していただくことで、植生学の基礎〜植生調査手法〜データの分析と植栽計画の立案〜植栽とモニタリングを体系的に修得できるカリキュラムが組まれています。
本講座は、その優れた内容が評価され、環境省と農水省共管の「人材認定等事業」の育成事業として登録されております。
登録内容は環境省ホームページをご参照ください。https://edu.env.go.jp/reg/

植生アドバイザー育成講座
1.日時:令和元年8月31日(土)~9月3日(火)(3泊4日)
2.内容
「A植生調査コース」:植生学の基礎、日本の植生、植生調査方法、野外実習、データ整理と解析
「B植生景観調査コース」:植生景観の基礎、植生景観調査方法、野外実習、データ整理と解析
 景観区分図の作成と修復計画
「C植生復元・モニタリングコース」:生態学的緑化方法、植生景観計画に基づいた植栽計画、
植生景観に基づく緑化工法事例
3.講師:東京農業大学 中村幸人先生 ほか
4.受講料 一般 63,000 円(税込)宿泊、食事付き

造園CPD,樹木医CPDに登録事業です

facebook https://www.facebook.com/events/362604357772100/

造園CPD,樹木医CPD単位申請済み