イベント

イベント名 平成30年度みやぎグリーン購入セミナー「グリーン購入からはじめるSDGs」
開催日 2019年1月24日(木) 画像なし
募集期間 2018年12月26日(水)~2019年1月23日(水)
開催場所 宮城県
投稿日 2018年12月26日(水)
投稿団体 環境会議所東北
Eメール
URL http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/kankyo-s/greenseminar.html
内容 2030年までに世界が目指す目標である「持続可能な開発目標(SDGs)」をご存じですか?

最近は、民間企業においてもSDGsに取り組む気運が高まっています。
そして、SDGsの実現に向けた取組のひとつとして、「グリーン購入」という取組があります。

今回は、いま話題のカードゲーム「2030SDGs」を使ったワークショップを通じて、「SDGsの本質」や「グリーン購入とSDGsの関わり」について、楽しみながら考えます。

1.日時:2019年1月24日(木) 13:00~16:30
※プログラムの性質上、途中参加・途中退出はできませんので、あらかじめ御了承ください。

2.場所:
 宮城県保健環境センター 大会議室  
(仙台市宮城野区幸町4丁目7-2)  ※駐車場あり

3.対象・定員:宮城県内でお勤めの方 48名(事前申込制・先着順)

4.参加費:無料

5.主催:宮城県、みやぎグリーン購入ネットワーク

6.お申込み方法
下記フォームからお願いします。
 https://www.shinsei.elg-front.jp/miyagi/uketsuke/dform.do?acs=2030sdgs

7.プログラム:
(1) 「グリーン購入」と宮城県の取組について
   (宮城県環境政策課)
(2) カードゲーム「2030SDGs」によるワークショップ
   (一般社団法人イマココラボ)
(3) 「みやぎグリーン購入ネットワーク」について
   (みやぎグリーン購入ネットワーク事務局)


※「持続可能な開発目標(SDGs)」とカードゲーム「2030SDGs」

「持続可能な開発目標(SDGs、エスディージーズ)」は、2015 年に国連が採択した国際社会全体の2030 年に向けた環境・経済・社会についての目標であり、政府や地方自治体だけなく、民間企業においても取り組む気運が高まっており、ビジネスの世界での「共通言語」となりつつあります。

カードゲーム「2030SDGs」は、一般社団法人イマココラボが開発した、SDGs の17 の目標を達成するために、現在から2030 年までの道のりを体験するゲームです。ゲームを通して、「なぜSDGs が
私たちの世界に必要なのか」、そして「それがあることによってどんな変化や可能性があるのか」を体験し、楽しみながらSDGs の本質を理解することができます。
多くの民間企業のほか、環境省や国連本部でも実施されており、大きな話題となっています。

※「グリーン購入」とは
「グリーン購入」とは、商品の購入やサービスの提供を受ける際に、価格や品質だけでなく環境のことも考え、環境負荷の少ない商品やサービスを優先的に選択する取組です。グリーン購入が普及すれば、環境物品等や環境に配慮した事業活動をしている事業者が適切に評価される市場の形成が促進され、環境負荷の少ない持続的発展が可能な地域社会を実現することができます。
そして、グリーン購入は、SDGs の目標12「持続可能な生産消費形態を確保する」を実現に向けた
取組のひとつとして位置づけることができます。

8.お問合せ先
宮城県環境政策課
〒980-8570 宮城県仙台市青葉区本町三丁目8番1号13階北側
環境計画推進班
Tel:022-211-2663
Fax:022-211-2669

詳細は下記をご覧ください。
http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/kankyo-s/greenseminar.html