イベント

イベント名 公開シンポジウム「石牟礼道子を読み直す—日本古典文学との「対話」—」(※開催場所変更あり)
開催日 2018年2月18日(日) 画像なし
募集期間 2018年2月2日(金)~2018年2月18日(日)
開催場所 東京都
投稿日 2018年2月14日(水)
投稿団体 立教大学ESD研究所
Eメール
URL
内容 公開シンポジウム「石牟礼道子を読み直す—日本古典文学との「対話」—」


【日時】
 2018年2月18日(日)15:00~17:45

【場所】
(変更前)立教大学 池袋キャンパス 12号館地下1階第1・2会議室
(変更後)立教大学 池袋キャンパス 太刀川記念館3階多目的ホール
 ※上記の通り、開催場所が変更となっております。ご注意ください。

 
自然と人間の関係性を主題とした作品を数多く著していることで知られる石牟礼道子の文学テクストには、日本の古典文学からの影響を感じさせる箇所が少なからず存在する。そうした箇所が、彼女の文学や思想を読み解く上で重要な手がかりになりうることは、これまでもしばしば指摘されてきた。しかしながら、石牟礼文学と日本古典文学の関わりに焦点を当てた研究はほとんど行われていない。本シンポジウムでは、日本(古典)文学研究者と、石牟礼文学を主に環境文学の観点から研究している研究者が「対話」をしながら、日本古典文学のテーマ、モチーフ、表現などが、石牟礼文学にどのように受容され、そこからどのようなテクストが生み出されたかを検討していく。同時に、石牟礼文学に織り込まれた日本古典文学との「対話」に着目することで浮かび上がってくる、石牟礼道子の文学観、言語観、自然観、世界観についても考えていきたい。


【登壇者】
 粂 汐里(日本学術振興会特別研究員PD)
 山田 悠介(東洋大学・大東文化大学・杏林大学非常勤講師、立教大学ESD研究所研究員)
 後藤 隆基(立教大学教育研究コーディネーター)
 小峯 和明(立教大学名誉教授、中国人民大学高端外国専家)
 渡辺 憲司(自由学園最高学部長、立教大学名誉教授、同ESD研究所所員)
 野田 研一(立教大学名誉教授、同ESD研究所運営委員)

【主催】
 立教大学ESD研究所

【お申し込み】
 事前申し込み 不要
 参加費 不要

【お問い合わせ】
 立教大学ESD研究所
 TEL:03-3985-2686
 E-mail:esdrc@rikkyo.ac.jp