イベント

イベント名 つながってる!インドネシアNGOが語る熱帯泥炭地と私たちの暮らし
開催日 2018年2月7日(水) 画像なし
募集期間 2018年1月3日(水)~2018年2月6日(火)
開催場所 東京都
投稿日 2018年1月4日(木)
投稿団体 ウータン・森と生活を考える会
Eメール yururissy@gmail.com
URL
内容 『日時』
2018年2月7日(水) 18時30分 ~ 20時30分

『場所』
地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)
(東京都渋谷区神宮前5-53-70 国連大学ビル1F)

『対象』
どなたでも

『定員』
100人

『参加費』
無料

『申し込み方法』
info@hutangroup.org

『セミナーの詳細説明』
インドネシアNGOをゲスト講師として招き、ボルネオ島の「泥炭湿地林」問題についてお話をします。「炭素の貯蔵庫」とも呼ばれる泥炭地が急速に失われている今、その破壊とともに起きるCO2の大量排出が、気候変動に 大きく拍車をかけていると国際的に問題とされています。泥炭地が失われる要因となっているのが、パーム油を生産するためのアブラヤシ農園。それは、食・エネルギーをはじめとする日本の私たちの暮らしと深く関わっています。