イベント

イベント名 ESD世界会議からセカンドステージへ 公開ワークショップ
開催日 2015年4月26日(日)
募集期間 2015年3月24日(火)~2015年4月26日(日)
開催場所 東京都
投稿日 2015年3月24日(火)
投稿団体 特定非営利活動法人持続可能な開発のための教育推進会議
URL http://kokucheese.com/event/index/278792/
内容 2015年度の春、ESDのセカンドステージを語り合う場に、皆さま、ぜひご参加ください。

■□ ESD世界会議からセカンドステージへ 公開ワークショップ □■
 ( http://kokucheese.com/event/index/278792/ )

-----------------------------------------
日 時 4月26日(日)10:30~17:00
     ※終了後、懇親会(会費は4000円程度を予定)
会 場 立教大学太刀川記念館(東京都豊島区池袋)
共 催 ESD-J、立教大学ESD研究所
資料代 1000円
------------------------------------------

■参加者 ESD実践者およびESD推進にかかわる多様な主体 80名程度
■参加申し込み
 WEBからは、 < http://goo.gl/iFd0RB > からお申し込みください
 e-mailでのお申込みは・・・
   お名前、ふりがな、所属団体、所在地(都道府県)e-mail、懇親会出欠
   を記入の上、forum@esd-j.org までお送りください。

 2015年、ESDのセカンドステージがスタート しました。
 「国連ESDの10年」の提案国であり、10年をしめくくる「ESDに関するユネスコ世界会議」の開催国であった日本は世界のESDを牽引すべく、グローバル・アクション・プログラム(GAP)をふまえESDをますます発展させていくことを期待されています。
 日本全国の地域でESDを実践 または推進してきた私たちは、ESDの10年でつながりセカンドステージでESDが一層広がり深まることを目指して、今、アクションをスタートしています。
 本ワークショップ では、世界会議にむけて作成した、様々なステークホルダーによる提言の中から特に大切にしたいポイントを確認し、政府による施策を共有したうえで、今後のESD実践、ESD推進をどう担っていくかをマルチステークホルダーで議論します。
 全国各地のESD実践者および推進者の皆さま、ぜひご参加ください。


■プログラム

10:30~ (午前)世界会議からセカンドステージへ  
  進行:新海洋子(ESD-J理事/EPO中部)

(1)世界会議の成果である各種宣言・提言の作成に携わった方たちから、中でも大切にしたい記述や関連する出来事(プロセスやその後の反応など)を紹介いただき、文書に込められたESDの本質を共有します。

①あいち・なごや宣言   岩本渉氏(千葉大学)
②岡山コミットメント   末本誠氏(神戸大学名誉教授)
③ユースステートメント  辰野まどか氏(GiFT [グローバル教育推進プロジェクト])
④ユネスコスクール宣言  手島利夫氏(江東区立八名川小学校)
⑤ESD企業宣言      更井徳子氏(損保ジャパン日本興亜環境財団)
⑥地域と市民社会からのESD宣言  村上千里氏(ESD-J)

*コメンテーター 川北秀人氏(IIHOE [人と組織と地球のための国際研究所])
         住田昌治氏(横浜市立永田台小学校)

(2) セカンドステージにおける政府のESD推進施策を共有

①文部科学省 山本彩織氏(文部科学省 国際統括官付)
②環境省   木邑優子氏(環境省 総合環境政策局 環境教育推進室)
③外務省:調整中

(3)パネルディスカッション

14:00~ (午後)セカンドステージ、私はこう走る!  
  進行:森 良(ESD-J理事/エコ・コミュニケーションセンター)


(4)セカンドステージに向けて 問題提起

①東日本大震災をふまえて        阿部正人氏(小学校教諭)
②民間連携による事業化を目指して    杉浦正吾氏(杉浦環境プロジェクト株式会社)
③SDGs、ポスト2015開発目標をふまえて 上條直美氏(開発教育協会)

(5) テーマ別ディスカッション

(6)全体共有

17:00 終了 (終了後、懇親会を予定しています。別途会費4000円程度を予定)


■問合せ先  「持続可能な開発のための教育の10年」推進会議(ESD-J)
         電話:03-5834-2061   e-mail: forum@esd-j.org