イベント

イベント名 PRTR(化学物質排出)情報を活用して有害化学物質を減らそう
開催日 2012年3月17日(土) 画像なし
募集期間
開催場所 熊本県
投稿日 2012年3月9日(金)
投稿団体 有害化学物質削減ネットワーク
Eメール comeon@toxwatch.net
URL www.toxwatch.net/
内容 PRTR(化学物質排出)情報を活用して有害化学物質を減らそう

開催趣旨
2001年から施行されたPRTR制度は、日本国内で環境中に排出、移動された有害化学物質の量を把握することを目的としています。事業者が届出たデータを国が集計するだけでなく、農業や家庭、自動車排ガスなどの届出対象外、非点源からの排出量を国が推計し、取りまとめたデータを公表する制度です。すでに2回集計公表が行われました。
しかしながら国が公表する画一的な集計情報だけでは、一般市民にとって意味のある情報を読みとることは容易ではありません。また、有害化学物物質の人への健康影響から生態系への影響に至るまで、多様な市民の関心に応えることもあまり期待できません。
 有害化学物質削減ネットワーク(Tウォッチ)は、市民の立場から、市民に役立つPRTR情報を、できるだけ分かり易くインターネット上のホームページを中心に提供しようと活動してきた団体です。一人でも多くの市民が化学物質問題に関心を持ち、化学物質による環境リスク削減に積極的に参加することを願っています。
本研修会(地域セミナー)は、有害化学物質を削減するため、リスクコミュニケーションにPRTR情報をいかに活用するのか、その方法について検討しようと企画しました。多くの方のご参加と、会場からの活発な意見発表や討論をお願いする次第です。


と き:平成24年3月17日(土)13:30~16:30
ところ:熊本テルサ 研修室C・D(熊本市水前寺公園28-51 TEL:096-387-7777)
定 員:40名

プログラム
開 会
基調報告 PRTRデータ活用とTウォッチの震災支援活動(30分)
Tウォッチ 理事長 中地 重晴

報告①  熊本県のPRTRの取組み(30分)
熊本県環境生活部環境保全課

報告②  熊本大学における化学物質管理とPRTR対策(30分)
      熊本大学環境安全センター准教授 山口佳宏氏

報告③  白川中流域の地下水涵養と減農薬・省化学肥料の取組み(30分)
環境ネットワークくまもと専務理事 井上 智

〈休憩〉

質疑応答と意見交換

各報告者と参加者のみなさんで、PRTRデータの活用方法などについて意見交換します。
地域の課題など積極的なご提案をお願いします。


主催:環境ネットワークくまもと・有害化学物質削減ネットワーク
協力 九州環境パートナーシップオフィス
助成 地球環境基金 
有害化学物質削減ネットワーク・地域セミナーとして、平成23年度助成を受けています。
後援 熊本県環境保全協議会

交流会(17:30~ 会場 熊本テルサレストラン)
会費 4000円


お問合せ・申込:NPO法人環境ネットワークくまもと
申込フォーム:http://goo.gl/6x93h
E-mail:home@kankuma.jp  TEL/FAX096-362-3776



お申込み必要事項
①ご所属
②お名前
③連絡先(TEL、E-mail)
④交流会     参加(    )

E-mailまたはFAXにてお申込みください