多目的スペース


Rio+20地球サミット 特別企画 Future We Want ~私たちが望む未来~

イベント概要

開催期間 2012年 6月 5日~ 2012年 7月 7日
団体名 GEOC
問い合わせ先 GEOC
内容 GEOC 6月の自主企画
Rio+20地球サミット 特別企画

Future We Want ~私たちが望む未来~
Rio+20 UN Conference on Sustainable Development Exhibition - The Future We Want -


期間:2012年6月5日(火)~7月7日(土)
主催:GEOC、日本メディアアート協会(JMAA)
http://t-art.jmaa.info/
共催:環境パートナーシップ会議(EPC)  http://www.epc.or.jp/summit/

「Rio+20地球サミット 特別企画 Future We Want ~私たちが望む未来~」
Rio+20(国連持続可能な開発会議)がブラジルのリオ・デジャネイロで開催される6月に、Rio+20とそこで論じられている地球規模課題についてパネルや映像、関連書籍などで紹介します。Tシャツアート展との協働展示により、理解しやすく、またメッセージを送るなど誰もが参加できるように工夫しましたのでどうぞ気軽に見に来てください。

■企画内容
・パネル展示
Rio+20とはという基本的な情報と、それに関わっている団体や国際機関、UNEP(国連環境計画)が発表している地球規模の問題についての情報をパネルでご紹介します。

・Japan Voicesのメッセージ展示
日本中から集めた地球の未来に向けたメッセージを紹介します。
来館される方がその場で書いてメッセージを追加できるようにメッセージを書くコーナーも設置しています。

・環境問題に関する本や映画の紹介
Rio+20のタイミングにぜひ読んでいただきたい書物や資料をご紹介します。

・現地とのコンタクト、最新情報の発信
Rio+20の会議の状況をオンライン録画し、見たい人が閲覧できるようにします。

・関連の映像上映
Rio+20や地球環境問題に関する映像を見たい人が閲覧できるようにします。
(セヴァン・スズキの伝説のスピーチなど)

・Tシャツアート展
 Future We Want賞を中心に、Tシャツを数十枚展示し、また関連のパネル展示をします。
(パネル内容:オーガニックコットン、グリーンエネルギーによる縫製・プリントについて/被災地でのワークショップについて/被災地への想いのモザイクアート/被災地、気仙沼の知的障がいのある方々とJMAAのコラボレーション作品)


■期間中に開催するイベント
○Rio+20準備会合報告会&政府との意見交換会
http://www.geoc.jp/event/multi/detail?id=72
日 時:6月5日(火)12:30~16:00
登壇者:外務省参事官 南博さん
     Rio+20地球サミットNGO連絡会 メンバー

○トークライブ Future We Want~私たちが望む未来~
http://www.geoc.jp/event/multi/detail?id=73
Rio+20を契機に、地球で起こっているさまざまな問題について、理解を深めます。UNEPで働いている大賀さんから地球の状況についてお話いただき、NGOの高見さんからは活動現場で感じること、地球と自分の地域の問題をつなげるにはどうしたらいいか、伺います。「なんとかしなきゃ!プロジェクト」の方からは広く一般の方への伝え方など語っていただき、フロアの皆さんと日本にいる私たちができること、地球環境を守るためのパートナーシップのあり方について考えます。

日 時:6月8日(金)16:00~18:00
登壇者:
大賀敏子さん(国連環境計画(UNEP)リエゾンオフィサー)
高見邦雄さん(NPO法人緑の地球ネットワーク事務局長http://homepage3.nifty.com/gentree/gen.html
高柳恭子さん(なんとかしなきゃ!プロジェクトhttp://nantokashinakya.jp/ )

○Rio+20報告会
Rio+20での成果について現地に行ってきたNGO、関係者からホットな情報を報告します。
日 時:7月7日(土)14:00~17:00
http://www.epc.or.jp/summit.item.208/