【海外事例】THE GLOBAL COMMITMENT 2021 PROGRESS REPORT


エレン・マッカーサー財団とUNEPが主導する同コミットメントは、プラスチックの循環経済を始めることを目的として2018年に立ち上げられた。

今回のレポートでは、世界中で生産されるプラスチック包装全体の 20% を占める企業が、プラスチックの循環型経済を構築するという 2025 年の目標に向けてどのように前進したかを示している。

主な洞察は次のとおり。

  • 何十年にもわたる成長の後、グローバルコミットメントブランドと小売業者のバージンプラスチックの使用はピークに達したとみられ、2025年までにさらに急速に減少する予定

  • 進歩は主にリサイクルによって推進されてきたが、それだけではプラスチック汚染を解決するには十分ではない。

  • 多くの企業や国が、プラスチック汚染に関する世界的な合意を支持しており、自発的な取り組みだけでは十分ではないと認識している

 

書籍情報

書籍名;

THE GLOBAL COMMITMENT 2021 PROGRESS REPORT

発行元;

UNEP、Ellen MacArthur Foundation

発行年; 2021年11月
テーマ; SDGs



※【海外事例<書籍>】は、書籍や調査レポートなどを通して、海外事例を紹介するコーナーです。