【海外事例57<書籍>】小島嶼開発途上国のかかえる新たな問題「UNEP予見プロセス」の結果


このレポートはUNEPとUN DESAとの協働を通して80を超える小島嶼開発途上国の専門家や科学者が協議して編集され、小島嶼開発途上国の持続可能な開発に重要な20の環境問題と15の社会経済問題の概要を紹介している。小島嶼開発途上国は気候変動に関連した深刻な環境問題と社会経済問題に直面しているが、グリーン経済へ移行できる機会に恵まれ、持続可能性と人間の幸福の総体的モデルの定義をリードする潜在力を有す。国際社会には、小島嶼開発途上国の気候変動の影響との闘いと持続可能で包括的な経済成長への支援が求められる。このレポートは小島嶼開発途上国の政策決定や優先順位設定に有益な情報を提供し、世界中の大小あらゆる国の持続可能な開発の助けとなる。


クリックすると発行元PDFが開きます。

書籍情報

書籍名; 小島嶼開発途上国のかかえる新たな問題「UNEP予見プロセス」の結果
(原題Emerging Issues for Small Island Developing States Results of the UNEP/UN DESA Foresight Process)
発行元; UNEP
発行年; 2014年
テーマ; 生物多様性、防災、気候変動、エネルギー



※【海外事例<書籍>】は、書籍や調査レポートなどを通して、海外事例を紹介するコーナーです。