【11/1開催】 SDGs達成に向けた政策志向型研究の展望


本シンポジウムは、SDGs達成に向けた政策志向型研究の役割について多様な視点から議論を深めることを目的として開催します。
政策志向型研究の今後の課題・機会、また政策決定者とともに研究をデザインする方法等について議論を行う予です。SDGsに関する世界的研究の最先端において活躍中のナキセノヴィッチ博士(TWI2050プロジェクト主査、IIASA前副所長)を含め国内外の有識者をお迎えし、下記の通りシンポジウムを開催します。
なお本シンポジウムは、国連大学サステイナビリティ高等研究所の竹本和彦所長の退官記念行事として開催します。

2019年は、SDGs採択以来初めて、国連総会のもと首脳級で持続可能な開発に関するハイレベル政治フォーラム(HLPF)が実施され、SDGsサミットとして開催される重要な年である。2015年からのスタートアップ期間の取組も踏まえ、これから目標達成へ向けた本格的なアクションの加速化が必要とされています。日本においても、2016年にSDGs推進本部が設置、SDGs実施指針が策定されてから4年が経過し、SDGsを取り巻く状況は大きく変化しています。SDGsの認知度が高まり、企業、地方自治体、市民団体といった様々なセクターがSDGs実施に向けた取組を広げています。
UNU-IASは、2014年発足以来持続可能な未来の実現に向けた政策志向型の研究に取り組んできたが、2015年のSDGs採択を受け、その取組への貢献を目的として更なる研究活動の展開を行ってきました。また、新たに2018年より環境研究総合推進費の支援を得て、国立環境研究所(NIES)及び慶応大学と連携のもと、研究プログラム1-1801「SDGs目標達成に向けた統合的実施方法の包括的検討」においてSDGs達成に向けた統合的取組の進捗を包括的に評価する手法開発を目指した研究を推進しています。GEOCは本企画に協力団体として参加します。

開催概要

|日 時|2019年11月1日(金)14:30-17:30

|場 所|国際連合大学本部 レセプション・ホール(2階)

|主 催|国連大学サステイナビリティ高等研究所(UNU-IAS)、東京大学、
    Future Earth日本委員会、国立環境研究所(NIES)

|協 力|(独)環境再生保全機構 環境研究総合推進費(1-1801及びS-16)、
    持続可能な開発ソリューション・ネットワーク(SDSN Japan)、地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)

プログラム(予定)

14:00-14:30開場(受付)
14:30開会
14:30-14:40開会挨拶
14:40-15:00記念講演
竹本和彦(UNU-IAS所長)
「持続可能な将来に向けた政策志向型研究の展望」(仮題)
15:00-15:45招待講演
ネボーヤ・ナキセノヴィッチ (TWI国際研究プロジェクト主査、元IIASA副所長)
「SDGs達成に向けたトランスフォーメーションとTWI2050」(仮題)
15:45-17:15パネル・ディスカッション
・藤田 壮 (NIES)
・蟹江憲史 (慶応大学)
増田 大美(UNU-IAS)
Mahesti Okitasari(UNU-IAS)
モデレーター: 竹本和彦(UNU-IAS所長)
ディスカッサント:村上周三(IBEC)、森田香菜子(森林総合研究所/国連大学) 
17:15-17:20閉会挨拶
17:30-レセプション

※同時通訳付き(日本語/英語)

参加申し込み

参加申し込みはこちら

問い合わせ

こちらよりお願いいたします※UNU-IASのHPとなります。