2/8開催 モニーク・バルビューUNCCD事務局長との懇談会


UNU-IASと地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)は2月8日、モニーク・バルビュー国連砂漠化対処条約(UNCCD)事務局長との懇談会を開催します。冒頭、バルビュー事務局長が砂漠化対策・国際協力・条約実施に向けた取り組みを含む、最近の動きについて話します。その後、NGOや民間団体の役割について、率直な意見交換を行います。

1994年に採択、1996年に発効したUNCCDは現在、196の国と地域機構(欧州連合)が締約国となっています。

モニーク バルビュー国連砂漠化対処条約事務局長 略歴

国連事務次長・ UNCCD事務局長。国連環境計画(UNEP)の経済産業技術部門局長のほか、フラ ンス開発庁カリブ海・南太平洋インド地域局長等、数々のポストを歴任。1992年のリオ地球サミットでは、フランス代表団として財務折衝や地球環境ファシリティ(GEF)設立に向けての重要な役割を果たす。2006年から2012年、GEF統括管理責任者・世界銀行副総裁。2013年10月からは、30年以上におよぶ持続可能な開発 ・国際外交・ガバナンス財務・国際外交分野での経験をもとにUNCCDチームを率いている 。

本イベントでは、英語と日本語の逐語通訳があります。

開催概要

|日 時|2月8日(水)17:00~18:00

|会 場|地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)セミナースペース
      (東京都渋谷区神宮前5-53-70 国連大学ビル1F)

|主 催|国連大学サステイナビリティ高等研究所(UNU-IAS)、GEOC

参加申し込み

本イベントへの参加は無料ですが、事前登録が必要です。
氏名、所属、メールアドレスを記載の上、geoc.info[※]geoc.jp までご連絡ください。[※]を@に変更

お問い合わせ

地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)
〒150-8925 東京都渋谷区神宮前5-53-70 国連大学1階
Tel: 03-3407-8107/Fax: 03-3407-8164