第1回アジア国立公園会議(APC) 国内報告会



 平成25年11月13日から17日の間、アジア地域における保護地域関係者が一堂に会する初めての機会である「第1回アジア国立公園会議(APC)」が、仙台市において、環境省と国際自然保護連合(IUCN)の共催により開催されました。会議には、アジアを中心に世界40 の国および地域から約800名の参加を得て、6つのテーマのワーキンググループ(*) での口頭発表など、300 を超える発表が行われました。
 会議の成果文書としては、アジアにおける保護地域の基本理念ともいえる「アジア保護地域憲章(仙台憲章)」を参加者の合意によりとりまとめたほか、6つのワーキンググループの議論を踏まえた「第6回世界国立公園会議への第1回アジア国立公園会議からのメッセージ」と、ユース・セッションの参加者がとりまとめた「アジア国立公園会議ユース宣言」が作成されました。これらの成果は、本年11月にオーストラリアで開催される「第6回世界国立公園会議」で発表される予定です。
 APC における議論や成果について、会議の運営に携わった専門家の方々から報告いただくとともに、会議の成果を踏まえた今後の取組について意見交換を行うため、「第1回アジア国立公園会議(APC)国内報告会」を開催します。

* 各ワーキンググループのテーマは以下の6つです。
①自然災害と保護地域 ②保護地域における観光・環境教育 ③文化・伝統と保護地域
④保護地域の協働管理  ⑤保護地域に関する国際連携 ⑥生物多様性と保護地域

概要

○日 時:平成26 年3 月13 日(木)13:30 ~ 16:30(開場13:00)
○会 場:国連大学(東京都渋谷区)エリザベス・ローズ会議場
○主  催: 世界保護地域委員会日本委員会(WCPA-J)、国連大学サステイナビリティ高等研究所(UNU-IAS)、
      環境省、地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)

プログラム(予定)

13:00  開場・受付
13:30 ~ 開会挨拶 熊谷嘉隆  WCPA-J 委員長(APC共同議長)
              星野一昭  環境省自然環境局長(APC共同議長)
13:45 ~ 報告1  「APC の概要と成果」 熊谷嘉隆  国際教養大学教授
14:00 ~ 報告2  「各WG およびユース・セッションの成果と今後の展望」
             山本清龍   岩手大学准教授(WG1 議長)
              海津ゆりえ  文教大学教授(WG2 議長)
              井上真   東京大学大学院教授(WG3 議長)
              土屋俊幸   東京農工大学大学院教授(WG4 議長)
              高橋進   共栄大学教授(WG5 議長)
              吉田正人   筑波大学大学院教授(WG6 議長)
              深町加津枝  京都大学大学院准教授 (ユース・セッション・コーディネイタ-)
15:10 ~ 報告3 「第6回世界国立公園会議に向けた日本の取組」
             鳥居敏男   環境省国立公園課長
15:20   休憩
15:30 ~ パネルディスカッション
            「第1回アジア国立公園会議の成果を活かすには」
            コーディネイター:   
             下村彰男 東京大学大学院教授(APC 国内準備委員会委員長)
            パネリスト:
             熊谷嘉隆、星野一昭、山本清龍、海津ゆりえ、井上真、土屋俊幸、高橋進、吉田正人、深町加津枝
16:30   閉会

問合せ

環境省自然環境局国立公園課(電話:03-5521-8278 担当:高橋、山本)