サステイナビリティ・サイエンス・コンソーシアム(SSC)公開講演会 「気候変動に適応した自然共生 社会の実現に向けて」


概要

サステイナビリティ学では、俯瞰的立場から地球規模の問題解決への統合的アプローチをとっています。この講演会では、こうした統合的アプローチのひとつの課題として、気候変動適応と生態系保全のための対策を取り上げ、レジリエンス(復元性)の高い自然共生社会の実現に向けた取り組みについて討議します。多くの皆さんのご来場をお待ちしております。

【日 時】平成25年5月15日 (水) 14:00~17:30
【場 所】国連大学本部5階エリザベスローズホール
【参加費】 無料
【主 催】サステイナビリティ・サイエンス・コンソーシアム(SSC)
      国連大学サステイナビリティと平和研究所(UNU-ISP)、 
      東京大学サステイナビリティ学連携研究機構(IR3S) 
【共 催】地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)

参加申し込み

4月30日までにご氏名、ご所属、連絡先(eメールアドレス)をSSC事務局( info@ssc-g.net )にお送り下さい。
ただし、定員(80名)に達した場合には期限前に締め切らせていただきます。

プログラム

14:20
基調講演

武内 和彦(SSC理事、国連大学上級副学長、東京大学IR3S機構長)

三村 信男(SSC理事、茨城大学ICAS機関長)
14:00
主催者挨拶

小宮山 宏(SSC理事長、三菱総研理事長、東京大学総長顧問)
15:20
パネル討論
司会
登壇者

武内 和彦

三村 信男

亀山 康子(国立環境研究所社会環境システム研究センター室長)

大崎 満(北海道大学大学院農学研究院教授)

齊藤 修(国連大学サステイナビリティと平和研究所学術研究官)

蓮輪 賢治(株式会社大林組 執行役員 技術本部副本部長)

渡辺 竜五(佐渡市農林水産課長)